市販の白髪染めをどう使うべきか?

 

市販でも痛まない白髪染めできます!!!!(ほんと??)

 

興味津々で見てみると。。。

美容師パパ嘘じゃん

  1. 前日にシャンプーを済ませる!!!!!!
  2. 決められた時間はしっかり守って!!!!
  3. 染めたら48時間はシャンプーしちゃダメ!
  4. トリートメントをしっかりしてね!!!!

 

 

 

って。。。こんなの絶対痛みます。(美容師ならこれは言えません)

 

 

 

 

市販はダメってこと?

 

 

 

 

 

美容院に行きたくても行けない時もありますよね。。。

 

市販の白髪染めがプロ用より痛むのはわかってる!

 

それでも時間やお金のこと考えたら毎回美容院に行ってられないでしょう?

 

美容師さんはみんな市販はダメダメって言うけど、マリーアントワネットじゃないんだから。。。

 

「パンが無いならケーキ食べろって意味ですか???」

 


 

 

 

 

仰るとおりです。

 

(美容師パパも美容師ですが常々そう感じます。)

 


 

 

 

市販の白髪染めは大正時代から時代のニーズと共に変化してきました。
使い勝手・髪色・放置時間・経済性・匂い・質感
市販の白髪染めはこの中のどれかに特色(イチオシ)があります。
ここで使い方を間違えているから市販の白髪染めで髪の毛は痛みます

 

 

と言うわけで今回は
「美容師パパなら市販の白髪染めを使うときのリスクをどう減らすのか?」です。

 

 

美容師パパ目次

  1. 使い勝手
  2. 髪色
  3. 時間
  4. 経済性
  5. 匂い
  6. 質感
  7. まとめ〜市販はダメじゃない〜

 

 

 

今すぐ、自分にあった「市販の白髪染め」を探している人はこちらから!

 

 

美容師パパが「市販の白髪染めの選び方」を色・明るさ、ブランド・タイプ別にもっと詳しくお話しします。

2018年度美容師パパの市販の白髪染めサイト

 


 

 

 

使い勝手〜市販の白髪染め6つのリスク〜

 

泡で染まる

 

 

 

使い勝手はやっぱり泡タイプが一番ですよね!!

 

でもですよ?ムラなくキレイに染まるなら、なぜ美容院で泡で染めないのでしょうか?

 

泡でリタッチから黒染めまで均一にするのは難しいということです。

 

こんな状態の人なら泡も効果的です。

 

こんな場合は大丈夫!

 

黒髪から初めて全体を染める場合

 

(毛先が明るくなったのを落ち着かせるのは絶対ダメ!)

 

 

 

こんな場合は大丈夫!

 

ショートカット専用

 

(ロングヘアは絶対ダメ!)

 

 

 


 

  • 塗りやすい=毛先まで必ず薬が付く・量が均一になりづらい=痛む・ムラになる

 


 

 

時間〜市販の白髪染め6つのリスク〜

 

10分で染まる

 

 

 

美容院ではカラー剤は完全発色まで30分放置します。

 

プロ用でも15分で染まる薬もありますが、キューティクルを開く力が強く髪が痛むので使用していません。

 

時間が早いことは喜んでもらえますが、継続して使うと美容師でもボロボロの髪にしてしまいます。

 

(痛まずに早いならぜひ使いたいのですが、美容院にないということは市販にもまだ痛まずに早く染まる白髪染めは存在していないはずです。)

 

 

こんな場合は大丈夫!

 

たまになら。すごく急いでいる時に。。

 

(ロングヘアはダメ)

 

 

 

こんな場合は大丈夫!

 

気になる生え際だけなら。

 

(暗くしよう!と毛先につけたらダメ!))

 


 

  • 短時間で染まる=キューティクルを開く力が強い・色が濃い=痛む・ムラに染まる

 

 

髪色〜市販の白髪染め6つのリスク〜

 

染まる仕組み

髪の毛です

 

 

染まる仕組み

 

1剤と2剤を混ぜた薬を塗るとキューティクルが開いて薬が入っていきます。

 

染まる仕組み

 

メラニン色素が抜けて黒髪が明るくなり同時に色がキューティクルの中にはいります。

 

染まる仕組み

色素が中に入って大きくなって出られなくなるから色が染まって見えます。

 

 

 

画像参照:ホーユー

 

 

 

 

市販はダメージの状態が皆違うことを考慮して最初から大きい染料が配合されています。(痛んでいると小さいと出ちゃうからです。)
はじめから染料が大きい場合、キューティクルが開いていない場所は表面付近で発色することになります。
つまり、染まっているように見えても、色落ちが早くなってしまうんです。

 

 

こんな場合は大丈夫!

 

これは問題ありません。

 

(特に色を長持ちさせたいなら美容院です。)

 

 


 

  • よく染まる=すぐ染まる=すぐ落ちやすい・ムラに染まる

 

 

 

経済性〜市販の白髪染め6つのリスク〜

 

白髪染め成分

 

 

 

 

わかりやすく美容院のシャンプーと市販のシャンプーで比較します。白髪染めの場合は、界面活性剤をトリートメント成分に置き換えてみてください。
つまり金額の違いは目に見えませんがトリートメント効果の違いで現れてきます。

 

 

こんな場合は大丈夫!

 

リタッチ限定

 

(毛先まで繰り返し塗ると痛みやすくなります)

 

 

 


  • 安い=トリートメント成分少ない=痛みやすい

 

 


 

匂い〜市販の白髪染め6つのリスク〜

 

ツンとした匂いがしない白髪染め

 

 

 

 

市販は美容院よりも白髪染めがツンとしない良い香りがします。

 

ツンとする匂いの正体は「アンモニア」です。
アルカリ性のアンモニアがキューティクルを開いて、役目を終えると空気中に揮発します。だからツンとするんです。ところが
市販はツンとしないですよね。。。アンモニアの代わりにモノエタノールアミン等を使っています。

空気中に揮発せずに髪の内部にとどまるので、これが髪が痛む原因になるんです。

 

 

こんな場合は大丈夫!

 

これは問題ありません。

 

(市販のはほとんどツンとした匂いがしない処方がおおいです)

 

 

 


質感〜市販の白髪染め6つのリスク〜

 

白髪染めの付録

 

 

 

 

これは市販の白髪染めに付属しているアフタートリートメントです。

 

「わざわざトリートメントつけてくれるなんて優しい!」って思いますよね。

 

でも、トリートメントをなしにして金額を安くすることもできるのに。。あえて付けている理由があります。(リピするとたまっていきますし。。。)

 

シャンプーには必要が無いシリコンですがトリートメントには大体入っています。

 

シリコンで一時的な指通りを演出して痛みを誤魔化すためかも知れません??(※とは言えカラーの後はキューティクルも開いているためトリートメントをすること自体は大賛成です。)

 

 

 

こんな場合は大丈夫!

 

これは問題ありません。

 

(付属のトリートメントは気にせず使って大丈夫です)

 

 


 

  • 質感が良い=指通りがよい=痛みがわかりづらい

 

 

まとめ

 

1回2回ではわからない 根本(伸びたはじめて染める部分)だけに塗るなら、美容院の白髪染めも市販の白髪染めも大差はないんです。

 

数回染めて明るくなった髪の毛に薬がつくことで、痛みが蓄積されて限界を超えた時、髪が痛んだ自覚症状があらわれます。

 

だから白髪染めの頻度を気にするわけですが、美容院なら頻度が増えても髪は痛みません。

 

市販でも白髪染めトリートメントを根本以外に揉み込むだけで痛まない白髪染めができます。

 


 

 

 

 

 

例えば

 

市販の資生堂のプリオールを使って暗くならず・傷まず色だけプラスして

 

キラキラ染まった白髪を治すことができます

 


 

 

市販の商品も併用して使い分ければいいんです。簡単なので騙されたと思って一度やってみてください。

 

よくある染めたあと髪がキラキラする場合なんかは。。

 

資生堂プリオールの白髪染めの色確認


美容師パパ 汗

これがよくある失敗!

 

キラキラ明るくなったからって、普通の白髪染めで染めちゃうんです!!

 

(すぐにまた明るくなるし。。どんどんバサバサになっていくし。。。)

 

 

 

「美容師パパの言ってることが専門的すぎる!!」というときは

 

LINEをよく理解していないアナログ派の

美容師パパ(プロのカラーリスト)が色選びのアドバイスをします

 

 

24時間365日いつでも受付中です。

 

 

 

自分に似合う色がわからない

 

選んだ色で染まるかどうか不安

 

買った後に染まらず後悔したくない

 

今使っている白髪染めトリートメントが染まらない

 

イマイチやり方がわからない

 

何色を選べばいいか不安

 

 

LINEで質問・相談する方法

 

 

1.スマホの方は↓をクリックして下さい

 

友だち追加数

 

パソコンの方はQRコードをスマホで読み取るか「 @upi8053o 」で検索して下さい

 

 

 

2.LINEが起動します(起動に15秒程度かかる場合があります)

 

ラインイメージ

 

3.「友だちを追加」から「美容師パパ」を友だちに追加して下さい

 

ラインイメージ

 

 

4.トーク画面からお気軽にご質問&ご相談下さい

 

ラインイメージ

 

 

 

美容師パパ

ブログに載りたくないときはご連絡もらえば2人だけの内緒です

美容師パパは毎日現役の美容師としてハサミを持っています。
勝手ながら返信が遅くなることがあるかも知れません。

 

必ず返信します

 

お待ちになる方 ごめんなさい 少しだけおまちを!
(LINEに慣れたらだんだん早くなると思っていますが、自分でやっておきながら本当は仕組みがよくわかっていません!なのでお気楽に。)

 

関連ページ

明るく染める白髪染め講座
ヘアカラーの専門家美容師パパの「明るく染める白髪染め講座」です。自宅で出来る「白髪染めでも明るく染まる方法」をご紹介。美容院では明るめの白髪染めのポイントは「髪質」の見極めです。市販の薬でもポイントをつかめば、誰でも明るい白髪染めは出来ます。あきらめないで参考にがんばってください!
美容師パパの「リライズ白髪染めサーバー美容師的レビュー」
白髪染めの専門家美容師パパが、花王の「リライズ白髪染めサーバー」のリ・ブラック、グレーアレンジを染めて色の確認をしました。ヘアカラートリートメントとの違いや、地肌の染まりにも注目!実際に体験した色から、こんな人におすすめをご紹介していきます。
美容師パパの「リーゼ 髪色サプリ の色を知りたい」
ヘアカラーの専門家美容師パパが、花王の「リーゼプリティア 髪色サプリ」のブラウン・ピンク・アッシュを染めて色の確認をしました。ブラシネスを効果的に抑える海外サロン技術は、美容師パパの「絶対に痛まない白髪染め」と同じ考え方です。実際に染めた色から効果的な使い方をご紹介していきます。
おしゃれ染めと白髪染めの頼み方
ヘアカラーの専門家美容師パパが「おしゃれ染めと白髪染め迷う時の頼み方」教えます。おしゃれ染めと白髪染めの違いから、美容院でのおしゃれ染めと白髪染めの頼み方、そもそもおしゃれ染めって何?から白髪染めからヘアカラーブームの歴史までご紹介します。
マニキュアが一番早く色落ちする職業
美容院で白髪染めと併用することも多いマニキュアです。便利な半面気をつけなければならない「色落ち・色移り」を防ぐ美容師ならではの方法教えます。 マニキュアの色落ちが一番早い職業は何だと思いますか?
アッシュ系の白髪染めにしたい
自宅でアッシュ系の白髪染めにしたい時、赤みのない白髪染めを選ぶことが大切です。市販のアッシュ系の白髪染めは白髪を染めるために逆に赤みが多いものもあります。最新の市販のアッシュ系白髪染めの比較も参考にして下さい。
キラキラした白髪の秘密
ヘアカラーの専門家美容師パパが。髪がキラキラして見えるのには理由があります。自宅で染める時にやりがちな失敗です。「キラキラの秘密」と防ぐ方法を美容師が教えます。
「ブリーチ以外で暗い白髪染めを明るく変える方法」
白髪染めを明るくする場合「ブリーチしましょうか?」と美容師に言われて驚いたことありませんか?少しでいいのにブリーチまではしたくないですよね。自宅で徐々に明るくできる方法を美容師パパが考えました。簡単そうで実は難しいので参考にしてください。理解してもらえると担当美容師も喜びます。
美容師パパの「白髪染めは濡れた毛・乾いた毛どっちがいいの?」
ヘアカラーの専門家美容師パパが、白髪染めは濡れた毛・乾いた毛どっちがいいのか教えます。濡れた毛・乾いた毛に塗るメリット・デメリットから、普通の白髪染めとヘアカラートリートメントの濡れた毛・乾いた毛に使う場合の注意点まで、種類によって使い方を変える参考にして下さい。
男女の違い
白髪染めに男性と女性の違いはあるのでしょうか? 美容院で使用しているプロのカラー剤には男性女性の違いはなく「男女兼用」です。市販の商品の男女の違い、美容院で提案する白髪染めの男女の違いを現場の美容師が紹介します。 白髪染めに関係する美容院で聞きたいことになんでも答えます。ちょっとした事でも上手くいかないことを解決できるのがプロの美容師です。 どんなことでもお気軽にご連絡下さい。
黒染めと白髪染めの違い
ヘアカラーの専門家美容師パパが市販の黒染め(髪色戻し)と白髪染めの違いをメーカーに聞いてみました。美容師の視点で判断しています。急場に自宅で染める時、黒染めしても明るくしたい時の参考にして下さい。
白髪染めの「もち」ってなんだろう?
自分で染めてるから色落ちが早い?美容院じゃないから色が早く抜ける?他人の言葉にドキッとすることありますよね。美容師が「白髪染めのもち」について真剣に考えてみました。色をもたせる方法も自宅で再現可能です。
白髪染めとブリーチの話
ヘアカラーの専門家美容師パパが、美容院の疑問に答えます。白髪染めで少し明るくしたいだけなのに「ブリーチしましょう!」って言われて驚いたことありませんか?少しでいいのに、髪が痛みそうだからお断りしたことがあるかもしれません。美容師パパのブリーチは金髪になるようなブリーチじゃありません。明るめの白髪染めにチェンジする参考にして下さい。
一時的に暗くする状況に遭遇
一時的にだけ暗くする状況は冠婚葬祭・夏の出校日、頭髪検査、就職活動・就職、結婚などでやって来ます。美容師がそれぞれに最適な暗くする方法をまとめてあります。それぞれのリンク先を御覧ください。