男性と女性の白髪染めの違い

美容院のカラー剤は男女兼用です。プロ用は男女で商品に違いはないのですが、選ぶ「色」と「薬の強さ」に男女で傾向があります。

 

少し男性向けの内容にもなっているので男性の白髪染めも参考にして下さい。

 

美容師パパ目次

  1. 市販の白髪染め〜男女の違い〜
  2. 美容院の白髪染め〜男女の傾向〜
  3. まとめ

 

市販の白髪染め〜男女の違い〜

 

白髪染めは女性用が中心でした

 

市販の白髪染めは70年以上ずっと販売しているロングセラー商品があります。
現ホーユー株式会社の元禄染めです。

 

昔の白髪染め

 

大正10年から平成5年まで発売されていたのは驚きです。
美しい黒髪はからすの濡れ羽色と例えられるように、日本人女性の理想であり、美人の条件だったようです。

 

その後クリームタイプ、泡タイプ、ツンとした匂いのしないタイプなど
元は白髪を隠す事から始まった白髪染めは
使い勝手、髪色、放置時間、経済性、匂い、質感、塗りやすさでニーズに答えるための進化を遂げていきます。

 

 

 

そんな女性と共に歩んできた白髪染めに男性用が生まれたのが1987年(昭和62年)
「メンズビゲン スピーディーカラー」

男性用白髪染め

 

ココから男性市場として白髪染めに男性用が誕生しています!が、カラー剤の染まる仕組みは男女に違いはありません

 

元禄染めが今のカラーの原型

男性用や泡タイプなども大正時代の元禄染めと色が染まる仕組みは同じなんです。だからこそ70年以上のロングセラーが可能だったんでしょうね。

美容院の白髪染め〜男女の傾向〜

 

美容院では特別に、男性用女性用と使い分ける必要がありません。(原理は同じだからです)
男女どちらでも薬は同じですが薬以外に男性と女性の白髪染めには傾向の違いがあります。

 

 

男性の白髪染めの傾向

 

アッシュ系が多い

男性は色が抜けた時に赤っぽくなるよりはアッシュ系(青・グレー)に寄せる事が多いです。赤っぽい色に色落ちすると、温かみや優しさなど女性の要素が強くなります
好みですが色が落ちてきたことを考えて白髪染めするなら男性は赤みがない白髪染めをオススメします。白髪染めシャンプーのブラックは男性には特におすすめですね。

 

髪の痛みを気にせずに短時間で終わるように

1剤と2剤を混ぜるタイプを使っても男性の場合そのまま毛先まで塗ってしまう方も多いです。
散々「痛むからダメです」とこのサイトでは言ってきましたが大丈夫です。男性でショートカットの場合髪が痛む前にカットする方が多いです。
つまり繰り返せば痛むのは確実なのですが、繰り返す前にカットしてしまうので、痛みを気にする必要がないんですね。それよりも早く染まることを意識される方が多いと思います。

 

 

女性の白髪染めの傾向

 

ナチュラルブラウン、オレンジブラウン系が多い

日本人の髪の色には赤、オレンジが含まれることが多いです。色が抜けても少しオレンジがかったブラウンになることで自然な色合いが表現できます。

 

髪が痛むのを最小限にすることが必要

髪の長さや白髪染め以外の施術(パーマなど)が女性のほうが多いため、キレイな白髪染めを継続するにはどうしても髪が痛むのを抑える必要があります。(逆にベリーショートであれば、男性と同じ発想をしても構いません。)

 

まとめ

 

おしゃれ染めと白髪染めの違いと同じように、ヘアカラーに男性用が商品化されるたのも時代の変化です。

 

基本的にカラー剤の原理は変わりません。

 

もちろん男性が女性用を選んでも、女性が男性用を選んでも何の問題もありません。

 

気にせずに使用して下さい。(実はこのサイト男性からもらう相談メールも多いんです。)

 

 

 

白髪・白髪染めについて聞きたいことがあればいつでも連絡下さい

 

 

友だち追加数

(24時間365日受付中です)