美容師パパの「白髪染めが痛むホントの原因」

美容師が知っている白髪染めが痛む理由は「ただひとつ」

 

白髪染めが痛む理由はとてもかんたんです。
ただひとつ「根本の薬を毛先まで塗るから」だけです。

 

 

と言っても中々信じてもらえないんです。

 

 

塗らないと毛先が暗く染まらずに明るくなっちゃいますもんね。
だからみんな毛先まで塗っちゃうんですが。。。

 

なんで信じてもらえないのか?もわかっています。
髪の痛みはストレスになる段階まで進行しないと「痛んだ事が意識できない」からです。

 

シャンプーで指が通らなくなったり、乾かしている時に髪が引っかかった時にはじめて気づきます)

 

 

美容師パパ目次

 

  1. 美容師が髪が痛んだお客様に出会うとき〜こんな経験ないですか?〜
  2.  

  3. 白髪染めがブリーチになっている〜毛先まで塗るということ〜
  4.  

  5. 痛んでしまった毛を治すには〜トリートメントはボッタクリ?〜
  6.  

  7. 何歳に見えますか?
  8.  

  9. まとめとおせっかい

 

 

 

美容師が髪が痛んだお客様に出会うとき

 

自宅で根本の白髪染めを毛先まで塗るお客様の声

 

 

前に染めた時は綺麗に染まったのになんでだろう?

 

 

自分の染め方が悪くてムラに染まったのかな?


 

次に染めるときはもっとしっかり塗って時間も長くおいてみよう。


 

何となく毛先の方が暗くなってきた気がする

 

 

根本の白髪が生えたからそう見えるのかな?


 

 

根本をもっと暗い色で塗ってみようかな。


 

今度は毛先が真っ黒なのにその下が明るく見える気がする

 

 

気のせいかな?白髪の染まりが弱い?


 

 

これを繰り返しているうちに。。

 

 

 

やっぱり美容院じゃないと綺麗に染まらないんだ。


 

大事なイベントの前は美容院で白髪染めしなくちゃだめかな。


 

 

 

美容院に行ってみると。。。

 

 

 

髪が痛んでる気がするんですけど

 

 

 

バッサリ切ってしまおうかな?


 

トリートメントしないとまずいなあ。


 

 

最近何故か髪の収まりが悪い気がするんです

 

 

 

毛先にパーマかけたら治るかな?


 

ストレートパーマかけたら収まるかな。


 

何とかして下さい!

 

そこで経験の浅い髪の痛みを見極められない美容師がかけたら。。。

 

 

余計にバサバサに痛んでチリチリになってしまった!

 

毛先の色もすごく明るくなってしまった!

 

何でなの???


 

 

 

 

もちろん、色が明るくなってしまったから落ち着かせたい、暗くしたいから毛先まで塗りますよね。

 

ところが
根本の薬を毛先まで塗ることを繰り返すとムラに染まります。

 

ムラに染まるのは髪が知らないうちに痛んでいるからなんです。


 

 

白髪染めがブリーチになっている

 

毛先まで根本の薬を塗るということはブリーチと同じ

 

金髪の白髪染め

ブリーチと聞くと真っ先に連想するのは

 

「痛むから絶対イヤ」ですよね。

 

ブリーチは漂白するという意味です。脱色剤として黒い髪のメラニン色素を壊して明るくしています。
「ブリーチ」という言葉だけが痛むイメージになってしまっています。

 

美容師は全員知っていることなんですが

 

毛先まで繰り返し染めるのはブリーチしているのと同じことです。

 

 

 

 

「それは言い過ぎでしょう?」って思いますよね

 

 

 

 

美容師パパは嘘はつきません!

 

 

 

 

 

 

でもブリーチするのは金髪にしたいからでしょう。


 

暗くしたくて白髪染めしてるのだからブリーチみたいに痛む訳がない。


 

美容師パパのアイコン

  • 就職活動で金髪から黒染めした学生を見て下さい

 

ブリーチをして金髪に染めた学生が就職活動に向けて黒く戻すことがよくあります。この時使うのは白髪染めなんです。

 

 

黒く染めたのに数日たったらもう毛先が明るくなってきた。

 

これは痛みが原因です。

 

キューティクルが開いて色素が定着しないからです。

 

これは白髪染めを繰り返して痛んだ状態と全く同じ状態なんです。

 

 

 

白髪染め後の色は暗くても本当は金髪の状態です

 

金髪に痛んだ毛先が暗く染まっているんです

 

 

白髪染めは暗い色素で髪を暗くします。

ブリーチした髪


同時に黒い毛のメラニン色素を壊して

 

実は黒髪も明るくなっています

 

 

 

暗く染まっているから本当は金髪になっていることに気がつかないんです

 

 

 

 

痛んでしまった毛を治すにはどうしたらいい?

 

一度痛んだ髪は元には戻りません

 

髪の痛み比較

髪の毛は爪と同じケラチンというタンパク質でできています。
白髪染めの後にシャンプーが終わると、手のひらよりも爪が黒くなっているのはそのためです。

 

手の爪はひと月に3mm、足の爪は2mm伸びます。
髪の毛はひと月に1cm伸びています。

 

もし爪に傷がついたら、薬をつけて爪が治るでしょうか?

髪の毛も同じです。一度痛んだ髪は元には戻りません。

 

 

お風呂の中で蒸しタオルで時間をおいても痛みは治りません

 

痛んだ髪では外のキューティクルで閉じ込めることが出来ないからです

 

一度キューティクルが痛み開きっぱなしになると、コルテックス(髪の中身)が出ていってしまい痛みは進行していきます。。
自宅でトリートメントをどれだけやっても痛んだ後では効果が少ないのは
キューティクルの痛みが原因です。

 

 

美容院でするトリートメントは本当に効果があるの?

 

しばらくすると痛んだ髪に戻ります

 

自宅のトリートメントは髪の中身(コルテックス)に作用しているんです。

 

しかしそれを閉じ込めるキューティクルが痛んでいれば、栄養を閉じ込めておく事ができないのです。

 

美容院のトリートメントは内側に栄養をいれてから外側のキューティクルを擬似的に補修しています。(*色々なタイプのトリートメントがあります)

 

その擬似キューティクルがはがれて中身が除々にでていくまでが1ヶ月。

 

だからしばらくすると、痛んだ髪に戻ってしまうのです。

 

美容院のトリートメントはぼったくり?

 

水

高価なトリートメントでも中身の栄養成分だけが高価なものは、ある程度のダメージまではパフォーマンスをフルに発揮できます。
それ以上のダメージであれば、中身がどれだけ良いトリートメントでも流出をとめるキューティクルをつくらなければ せっかくのトリートメントを捨てているようなものです。

 

キューティクルがなければトリートメントは捨てているのと同じです

 

 

 

マニキュアならキューティクルを治すことができる

 

爪が傷つくのを防ぐには爪のマニキュアがあります。

爪

 

髪の毛には白髪染めトリートメントがあります。
白髪染めトリートメントは痛んだキューティクルの代わりをしてくれます。
しかしプロ用は美容院でプロの技術にお願いしなければ頭皮が染まってしまいます。
顔についた色もとるのが難しく、自宅でするにはどうしても使いづらいんです。

 

 

 

白髪染めトリートメントがはがれたキューティクルの代わり

 

髪を痛みから守りながら白髪も染まります

 

白髪染めトリートメントを何度繰り返しても痛まない理由は
キューティクルの代わりをしながら髪を染めることができるからなんです。

 

 

 


 

 

何歳に見えますか?

 

髪の毛の比較

2枚の写真の女性は同一人物です

 

 

 

髪の毛の比較

 

平均回答年齢35.3歳

 

 

髪の毛の比較

 

平均回答年齢26.8歳

 


 

 

※参照:タイムカレント「日本人女性の髪とモテとの相関関係」に関する意識調査

合計711名の回答結果 男性353名(20代:112名、30代:120名、40代:121名)、女性358名(20代:120名、30代:120名、40代:118名)

 

 

左は痛んでツヤがありません

 

右は痛みがなくキレイなツヤがあります

 

 

痛んでツヤのない状態の髪の写真では平均回答年齢が 35.3歳

 

ツヤのある髪の状態の写真では平均回答年齢が 26.8歳

 

 

8.5歳  の年齢差がでてしまいます

 

 

この女性は 29歳 の同一人物です。

 

痛んでいると 6.3歳 老けて見られます

 

ツヤがあると 2.2歳 若く見られます

 

 

この結果は男性女性どちらも同様の結果となりました。

 

女性目線でも男性目線でも

 

髪の痛みの状態は見た目の年齢に大きく影響を与えてしまいます

 

 

 

本当は残念に思われています

 

 

美容師パパ

髪のケアが無頓着な女性は

「残念」81.7%

でも85.0%の他人は

忠告してくれません

 

 

髪の痛みに無頓着な女性に対して「残念」「もったいない」と思ったことがありますか?

 

「ある」81.7%(※「何回もある=35.7%」と「少しある=46.0%」の合計)

 

Q.あなたは髪のケアに無頓着な女性を「残念」「もったいない」などと思ったことはありますか。あてはまるものをひとつだけお選びください。

 

髪の毛の感想グラフ

 

Q.あなたは髪のケアに無頓着で「残念」「もったいない」と思った女性に、髪のケアについて注意やアドバイスをしたことはありますか。あてはまるものをひとつだけお選びください。

 

髪の毛の感想グラフ

※参照:タイムカレント「日本人女性の髪とモテとの相関関係」に関する意識調査

合計711名の回答結果 男性353名(20代:112名、30代:120名、40代:121名)、女性358名(20代:120名、30代:120名、40代:118名)

 

 

女性の方が髪のケアに無頓着な女性を気にしています

この中で「何回もある」の回答を男女で比較してみたところ
男性が31.4%だったのに対して、女性は39.9%と高い結果がでています。

 

若い世代ほど女性の髪を見ています

年代別では男女共に30代・40代に比べて、20代の方が思ったことが「ある」率が高い結果がでています。

 

気にならないのは 心の老化 です

 

 

「残念」「もったいない」と思っているのにも関わらず、85.0%が本人に注意やアドバイスをしてあげていない

「残念」「もったいない」と思ったことが「ある」と回答した人に、髪のケアに無頓着な女性に対して、注意やアドバイスをしたことがあるかを聞いたところ、
「ある」と回答したのはわずか15.0%、女性では12.6%とさらに低い結果がでています。

 

自ら注意して髪をケアする意識を持つ必要があると言えます

 

髪の痛みを無頓着にしておくと、周囲に「残念」と思われているんです

 

 


 

 

 

美容師パパのおせっかい(暇な時読んで下さい)

美容師パパアイコン

 

髪が痛むことだけに固執しすぎてはいけません

 

髪の毛が痛むことのメリットはありません。
しかし痛むことだけに固執してはいけません。

 

 

痛まない髪にする目的は

 

 

若々しく、綺麗に、素敵な女性になるためです。

 

 

爪はネイルアートで綺麗になるだけでとても女性として素敵に視えます。
髪も痛むことを避けるだけなら、カットも、髪を明るくすることも、パーマもしなければいいのですから。
痛むことをいたずらに怖がらないで正しい方法で白髪染めして下さい

 

 

それは美容室でなく自宅でも白髪染めトリートメントで可能です。
痛まずに綺麗にツヤのある髪に染まるだけで、若々しく素敵になります。