美容師は洋服に薬がついて悲しい思いをよくします

 

白髪染めは空気に触れて後から発色してきます。ということは。。。

 

発色するまでが勝負の時間です。

 

1秒を争います

 

飛んだ白髪染めを拭きとって、濡れたタオルでトントン叩けば。。。

 

全然ダメです。黒く染まります。

 

 

あまりおすすめしませんが、何回も洋服をダメにした美容師パパの対処法がコレです

 

美容師パパ目次

 

  1. 白髪染めとびちり対処法〜アシスタント時代の思い出とともに〜
  2.  

  3. まとめと便利グッズ

 

 

 

白髪染めとびちり対処法

アシスタント1年目

 

 

 

 

お気に入りの白いTシャツにおしゃれ染めが!

 


 

ハイター

 

 

白い洋服であればハイターにつけて落とすことも可能です。色物でも薄い色ならワイドハイター(液体)酸性タイプでもいけます。

 

アシスタント2年目

 

 

 

 

ヨウジヤマモトのシャツに白髪染めが!!

 


 

ハードスプレー+ハイター

 

 

暗い白髪染めではハイターでも完全にはとれず (泣)
困ってクリーニング屋さんにに持っていったらいいことを教えてもらいました。

 

  1. 薬がついてしまった部分をすぐに軽く拭き取ります。
  2. ハードスプレーを薬がついた箇所につけましょう。(にじんで範囲が広がりますが大丈夫)

 

混ぜるタイプの白髪染めは空気に触れて色が後で出てきます。
空気に触れて発色した後では、中々落ちません。5分以内が勝負です。

 

 

アシスタント3年目

 

 

 

 

マルジェラのお気に入りのTシャツに白髪染めが!!!

 


 

 

色物の時は注意が必要です。色物に使えるワイドハイターでも強力な粉末タイプでいきます。
ハードスプレー大活躍です。(ハードスプレーに助けられた洋服も多いのですが、逆にパリパリにシミになることも。。。完璧ではないですね。)

 

ハードスプレーはクリーニング屋さんに教わった方法なんです

 

色が出てくる前にハードスプレーすることで生地の中で染料が空気に触れて大きくなるのを防げます。
生地によっては、逆効果になることもあります。自己責任で本当に困ったときだけやってみてください。

 

スタイリスト3年目

 

 

 

ワイズの黒ニット赤いマニキュアが!!!!

 


 

宅配染み抜きクリーニング

染み抜き

 

ハイターはニットに使えず、ハードスプレーもニットには少し躊躇します。

 

流石にあきらめて
しみとり専門店に郵送してみました。

 

1週間後帰ってきましたが。。。マニキュアは落ちないようです(泣)

 

 

マニキュアタイプは要注意

 

洋服にマニキュアがついた時はアウトです。
シミ取り專門のお店に持ち込んだ所、素材を痛めても取るのは困難と言われました。皮膚はいずれ色がとれますが、洋服は要注意です。(染み抜きの専門店は多いのでできる所もあるかも知れません、無料見積りも郵送でしてくれるお店も多いです。)

まとめと便利グッズ

 

美容師パパが最終的にたどりついたのは、あたりまえですがコレです。

 

薬が他につかないように最善を尽くしておくこと

 

自宅で誰にもみられないなら

 

 

自宅染め用カラーリングエプロン
かぶるだけで床も気にしなくていいから楽ちんです。(たたむのにはちょっとコツがいります)

 

 

顔が染まるなら(プロ用の保護クリームとリムーバー

「生え際が黒く染まったのがとれない!美容師はどうしてる?」

 

手が染まるなら(プロ用の手袋)

「市販の白髪染めの手袋が使いづらい美容師のおすすめ手袋」