「白髪染めで茶髪にする方法」

 

白髪染めって暗くなりやすいですよね。
白髪をしっかり暗く染めようとするほど全体は暗く染まります。

 

おしゃれ染めなら黒髪を茶髪にするのはカンタンなんです。
ところが、黒髪は明るく茶髪になってもおしゃれ染めでは白髪は暗く染まりません。(うっすら色がつくぐらいです)

 

 

 

ということは。。。混ぜちゃいます。

 

 

 

  • 白髪をしっかり染めながら茶髪にする方法は

白髪染め+おしゃれ染め=明るめの白髪染め

 

白髪をしっかり染めながら黒髪も明るくできる薬が「明るめの白髪染め」なんです。(市販のカラーでは明るい色でも白髪が染まるって書いてあるのはコレです)

 

 

ところが

 

 

市販の明るめの白髪染めを使ったのに茶髪にならない事ありませんか?

  • 「明るめの白髪染め」を使って茶髪に染めようとしたら。。。

 

茶髪にならない+白髪染まらない=頭皮がヒリヒリ

 

 

今日は、どうしたら市販の白髪染めでも茶髪にできるのか?
美容師パパが茶髪に白髪染めする時に気をつけている事をお話します。

 

美容師パパ目次

髪質〜明るくなりやすい?明るくなりにくい?〜

 

  • 明るめの白髪染めを塗ると

 

 

黒髪を明るく

 

黒髪の毛束

矢印

茶髪の毛束

 

白髪を暗く

 

 

白髪の毛束

矢印

茶髪の毛束

 

 

染めてくれます。

 

 

 

これぐらいの明るさの範囲が「茶髪」ですよね

 

茶髪の毛束

 

 

 

髪が明るくなりやすい人にはとてもおすすめしやすいのですが

 

 

 

  • 明るくなりにくいキューティクルのしっかりした髪の人が「明るめの白髪染め」を使うと

 

 

黒髪は全然明るくならないし、、、

 

黒髪の毛束

 

白髪もうっすらとしか染まらない!、、、

 

白髪の毛束

 

 

 

この薬ダメじゃん!!

 

 

 

 

と言いたくなりますよね。

 

 

 

 

これは黒髪が明るくならないから、コントラストで余計に白髪が染まっていないように見えてしまいます。(どっちも茶髪の明るさになっていないから白髪が目立ちますよね。)

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、私は白髪染めで茶髪にできないの?

 


 

 

いいえ、誰でも茶髪に染めれます。

 

その場合は2回染めれば解決です。(美容院でもおなじやり方です。)

 


 

 

 

つまり

 

 

明るくなりにくい黒髪を明るくしてから、明るめの白髪染めで染めればいいんです。

 

 

もっと詳しく知りたいときはコチラです

 

美容師パパの「明るく染める白髪染め講座」

 

肌質 〜薬がしみやすい?しみにくい?〜

 

 

明るめの白髪染めって黒髪のメラニン色素をたくさん壊します。

 

 

 

  • 白髪をしっかり染めながら茶髪にする方法は

白髪染め+おしゃれ染め=明るめの白髪染め

 

 

 

でしたよね。

 

 

なので暗めの白髪染め使っていた人には

 

 

 

 

メッチャ頭皮が痛い!薬がしみる!!

 

 

この薬 怖い、痛みそう。。。

 

 

 

 

明るめの白髪染めほど刺激は強くなりやすいので肌が弱い人ほど薬はしみやすいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、私は白髪染めで茶髪にできないの?

 


 

 

いいえ、誰でも茶髪に染めれます。

 

その場合は3つのポイントに注意すれば解決です。(美容院でもおなじやり方です。)

 


 

 

 

つまり

 

 

 

茶髪に白髪染めしたいけど「頭皮が痛い、しみる!」場合、方法は3つ

 

 

 

 

頭皮にはつけないギリギリから塗る

 

これは美容師のテクニックが必要になります。

 

シャンプーをしないで頭皮の脂でガードして塗る

 

2日ぐらい頭を洗ってなくても平気で染まります。

 

頭皮の保護剤を塗ってから染める。

 

髪の毛は染まるのに地肌は守る保護剤を塗ってから染めるとアレルギーの予防にもなります。

 

 

 

 

薬がしみやすいのは、明るめに染めるためです。白髪染めで頭皮がしみるのを我慢しすぎるとトラブルの原因にもなります。

 

異常を感じたら3つのポイントを思い出して下さい。

 

 

希望の明るさ 〜どれぐらいの茶髪にしたい?〜

 

希望の明るさって買ってきた白髪染めのパッケージ見ますよね。

 

 

 

 

目安にはなりますが実際は

 

 

 

 

箱に載っている写真ほど明るくならない

 

色がなんか違う、こんないろだっけ?

 

 

 

 

となります。

 

理由は

 

 

 

 

  1. 髪質
  2.  

  3. 黒髪と白髪の比率
  4.  

  5. 黒髪と白髪の場所

 

 

 

 

が、みんな違うからです。

 

 

 

 

じゃあ、私は白髪染めで茶髪にできないの?

 


 

 

いいえ、誰でも茶髪に染めれます。

 

その場合は白髪の染まりよりも黒髪の明るさを重視することで解決です。(美容院でもおなじやり方です。)

 


 

 

 

 

茶髪以上に明るく、金髪に染めた場合は

 

茶髪の毛束

矢印

白髪の毛束

 

 

 

 

 

 

白髪が染まらなくてもあんまり気にならなくなります。

 

白髪の毛束

矢印

白髪の毛束

 

 

 

つまり

 

 

 

白髪が多いほど黒髪を明るく染めなければ、コントラストが強くなります。

 

 

希望の明るさにならない場合の3つのチェックポイント

 

黒髪の割合が多い

黒髪が多い場合はおしゃれ染めで茶髪にするほうが早いかも。

髪が明るくなりにくい

明るくならないと逆に赤みが強く感じることも。

白髪が部分的に固まっている

白髪が集まっている部分は、他の部分よりも染まりが明るめに見えやすくなります。

 

 

 

 

明るくすれば白髪は確かにわかりにくいけど金髪はちょっと。。。

 

 

ですよね、仕事で問題があるときもありますし

 

もっと詳しく知りたいときはコチラです

 

美容師パパの「明るく染める白髪染め講座」

 

 

まとめ

まとめます。

 

どんな髪質の人でも白髪染めで茶髪にすることができます。

 

 

市販の白髪染めを使うときは少し工夫が必要です。

 

自分で染めるときも、頭皮のくすりがシミない工夫・明るく染める工夫で回数を重ねれば茶髪になります。一度試してみて下さい。

 

 

 

 


美容師パパ(セルフヘアカラーリスト)


美容師パパ(セルフヘアカラーリスト)


公式プロフィール



美容師とセルフカラーの架け橋となる活動をしています。美容師パパメディア・美容師パパへの取材、お仕事依頼は下記問い合わせよりお願いいたします。





美容師パパ「セルフカラーお悩み相談」



美容師パパ

みんなの悩み・みんなで解決

日本初! セルフカラーの駆け込み寺



一般社団法人日本セルフカラー協会


一般社団法人日本セルフカラー協会(JSHA)




「自分だけの髪質」に美容師無料アドバイス

美容師・専門家に相談したい


他の人のリアルなセルフカラーを知りたい


セルフカラーのイベントに参加したい


みんなの髪色を写真で確認したい


楽しく白髪染めしたい


サロンカラーと両立したい






LINEで質問する方法



1.スマホの方は↓をクリックして下さい


友だち追加数


パソコンの方はQRコードをスマホで読み取るか「 @upi8053o 」で検索して下さい




2.LINEが起動します(起動に15秒程度かかる場合があります)


ラインイメージ


3.「友だちを追加」から「美容師パパ」を友だちに追加して下さい


ラインイメージ



4.トーク画面からお気軽にご質問&ご相談下さい


ラインイメージ