美容師パパが体験「濡れた髪に塗るヘアカラートリートメント」

濡れた髪に塗るヘアカラートリートメントとは

 

 

濡れた髪に使う場合は説明書にこんな感じに書いてありますね。

 

  • シャンプーの後のトリートメント代わりに
  • シャンプーの後にタオルドライした後に

 

 

濡れた後に使うヘアカラートリートメントは、「リンス代わりに使うトリートメント」と考えて作られている商品が多いようですね。

 


 

 

 

濡れた髪に塗る場合の順番は

 

  1. シャンプー
  2. (タオルドライ)
  3. ヘアカラートリートメント
  4. (リンス・コンディショナー・トリートメント)

 

 

先にシャンプーをするので必然的に髪が濡れますよね。。。

シャンプーの後の(タオルドライ)がポイントです

 

 

美容師パパ目次

 

濡れた髪に塗るヘアカラートリートメントとは?

 

 

 

 

 

濡れた髪に塗るヘアカラートリートメントは何が違うの?

 


 

 

 

 

シャンプー後のリンス代わりに使いやすいのが特徴です。

 

毎日使うことで短い時間でも少しずつ継続して色を入れていくタイプに多いです。
お風呂場で仕様することが前提になります。

 


 

 

濡れた髪に塗るヘアカラートリートメントのメリット

 

 

毎日のお風呂で染められる

 

シャンプーの後に染めるため、お風呂で全ての工程が終了します。

 

リンス代わりに気軽に続けやすい(リンスいらない)

 

シャンプー後のリンス代わりに使えば、放置時間で身体を洗って一緒に流す使い方も可能です。

 

全体に薬が伸びやすい

 

パサパサに乾燥しているよりも少し湿っている方が少量の薬でも全体に伸ばしやすくなります。
髪の長い人ほど塗りやすくなります。

 

 

濡れた髪に塗るヘアカラートリートメントのデメリット

 

しっかり流さないと色が残りやすい

 

リンス代わりなので、染めた薬はお湯で流すだけでシャンプーしません
しっかりと流さないとタオルや枕への色移りの原因となります。

 

 

根本の塗りムラがつきやすい

 

シャンプーすることで髪が濡れていると白髪に薬が付いているのか分かりづらく、根本にたっぷりと薬を塗るには慣れが必要になります。

 

水分が残ると色が薄くなりやすい

 

シャンプー後のタオルドライで水分をしっかり取って下さい。髪が濡れすぎの場合、色が薄くなり塗りムラになる可能性もあります。

 

 

濡れた髪に塗るヘアカラートリートメントが向いている人

 

 

美容パパウインク

 

お風呂で全ての工程を完了させたい人

 

毛先が明るくなるのをこまめに予防したい人

 

 

 

まとめ

 

まとめます。
ヘアカラートリートメントを濡れた髪に塗る場合注意することは1つだけです。

 

 

 

濡れた髪に塗る時困ることは

髪に残った水分量

 

 

シャンプー後にタオルドライしてから染める理由です。水分が残りすぎることで染まりが弱くなったり、ムラに染まりやすくなります。

 

 

シャンプーを先にする事によりリンス代わりとなるということは後は流して終了です。

 

 

という事は

 

 

 

シャンプーしないので、しっかり流さないとタオルなどに色がつきやすくなります。
お湯だけでしっかりと流れるのでシャワーで流すと効果的です。
どうしても気になる場合はもう一度シャンプーしても大丈夫です。(その場合は少し色落ちが早くなります)

 

 

美容師パパ 比較説明

濡れた髪に塗るタイプのヘアカラートリートメントはこちらで比較しています