白髪染めを続けて突然くせ毛になった!?と感じる理由

白髪染めを続けていると

 

最近なんとなく、髪が収まらなくなってきたような?

 

乾かすと髪がすごくひろがる、、急になんで?

 

 

なんてことありませんか?
持って生まれた髪質は変わりませんが、美容師の視点からは突然くせ毛になったと感じるには理由があります。

 

 

美容師パパ目次

美容師パパのセルフチェック「突然くせ毛になったと感じるのはこんな人」

濡れた髪

 

一度髪を濡らしてみてください

 

濡れた時に髪の毛がカール・ウエーブしていたら注意です

 

乾かした時に直毛に見えても濡れた時にカール・ウエーブがでる髪質は、突然くせ毛になる可能性が高いです。

年齢が若い時はキューティクルがしっかりとして直毛に見えています。
年齢とともにキューティクルが弱く少なくなっていくと直毛を維持できなくなります。
(※濡らしても乾かしても髪がまっすぐの場合はクセの影響は受けにくいです。)

 

 

 

 

まずはセルフチェックしてみましょう。


 

 

乾いた髪をお湯で濡らしてみましょう

 

くせ毛になりやすいか?のセルフチェック

白髪世代シャンプーの危険度チェック

 

くせ毛になりやすいか?のセルフチェック 

 

 

 

 

「濡れた髪の毛」が 「乾いた髪の毛」よりも

 

カール・ウエーブしていたら要注意のサインです!

 

(※はじめからくせ毛の人は、濡らしたときの方がウエーブが強いかどうかを目安に!)


 

 

 

美容師パパの解説

 

でも 大丈夫!

 

 

良い悪いではなく”まずは自分の髪質を自分で理解することが重要”です!

 

乾いた時に直毛に見えていても、濡れた時にカール・ウエーブがでる人は、突然髪質の変化を感じる可能性が高くなると覚えておいてください。

 

 

髪の「くせ」と「キューティクル」の関係

鎧を着た女性

 

美容師パパ

キューティクルは髪のヨロイと考えるとわかりやすいです!

 

キューティクルが衰えると髪にクセがでる理由

 

外気の影響・湿度の影響を受けやすくなる

 

髪の中身はとても弱く繊細です。キューティクルでしっかりガードしているときは感じませんが、1枚づつキューティクルが剥がれていくことでだんだんと髪は外気・湿度の影響を感じるように変化してきます。

 

 

髪の毛が細くなる

 

根本に塗った白髪染めを毛先まで毎回塗っている人は要注意です。

 

 

ハリ・コシがなくなる

 

ハリ・コシはキューティクルの厚みと強さに原因しています。
枝毛・毛先のパサつきもキューティクルが剥がれてしまうことが原因です。

 

詳しくは「美容師だけが知っている!白髪染めが痛むホントの原因」

 

 

 

 

 

キューティクルの鎧は、年齢とともに薄く・少なくなっていきます。(歴戦の勇者です)

 

昔なら避けるまでもなかった「鎧で防げる攻撃」ですが、、、

 

だんだんと「鎧だけで防ぐのは危険な攻撃」になっています。

 

 

その危険な攻撃には

 

  • いつも使っていて問題がなかった白髪染め
  • 今までは調子が良かったシャンプー

 

定期的に使用する2つは可能性を疑う必要があります。

 


 

昔と同じ白髪染めを使っていませんか?

 

キューティクルの科学的ダメージに作用するのは白髪染め

 

年齢とともにキューティクルが少なく弱くなります。
拍車をかけているのは強い白髪染めです。
少し前までは平気だった白髪染めがいつの間にか強い白髪染めになってしまっています。

 

詳しくは「白髪染めで毛が細くなる本当の理由」

 

 

 

 

美容師視点の解決策

 

 

またまたキューティクルを「鎧」として例を上げていきます。。

 

昔は鎧に光沢をたっぷりつけてツルツルにした鎧はきれいに感じました。

 

今同じ光沢をたっぷりつけたらどうでしょうか?

 

 

重くて動けない はずです、、、

 

 

 

もっと身軽に動けて、今の鎧に合った光沢を探すことがキレイの早道

 

それに気づかないことで、ますます綺麗から遠ざかってしまいます。

 

美容師パパの解説

偉そうに言いながら、昔似合っていた洋服や靴、バックが捨てられなくて困っている美容師パパですが、、、

 

 

 

 

その重すぎる光沢がシャンプーやリンス・コンディショナー・トリートメント・スタイリング剤

 

その鎧を外部から老朽化させるのが強すぎる白髪染め

 

 

この2つに思い当たるところがないか、再確認してみてください。

 

 

まとめ

まとめます。

 

突然くせ毛になったと感じるときでも不安に感じなくて大丈夫です!

 

 

そこには年齢や髪質による個人差が大きいため、
まずは自分が将来、髪のクセが出やすいのか?出にくいのか?を判断して行きましょう。

 

セルフチェックで”自分の髪質を理解すること”が大切でした。

 

 

自分の髪の収まりや広がりの原因は2つ。

 

@「年齢によるキューティクル減少」

  

 

 

進行を早める

A「白髪染めのダメージリスク」

 

 

マイナスに働く

B「シャンプー・リンス・コンディショナー・トリートメント・スタイリング剤」

 

まず@Aの2つが一定の水準を超えると、、

 

 

白髪染めを続けて突然くせ毛になった!」と感じる理由になります。

 

 

さらにBを間違えることで髪のコンディションが整わず、くせ毛をカバーすることができません。

 

 

 

白髪染めで突然くせ毛になった時の美容師の視点からの解決策として、2つの提案をしました。

 

 

 

美容師パパの解説

強すぎる白髪染めを調整

 

詳しくは「美容院の痛まない白髪染め〜薬と塗り方教えます〜」

 

 

シャンプーやリンス・コンディショナー・トリートメント・スタイリング剤の見直し

 

セルフカラーでは疎かになりやすい部分のため、美容院の活用も有効です。

 

美容院では未来を先回りして、髪のコンディションを把握した上で自分に合った商品をおすすめしてくれるはずです。

 

(「未来の先回り」がおせっかいに感じられてしまう行き違いもあるかもしれませんが、信頼できる美容師のアドバイスも参考にしてみてください!