ColourSPECIALISTカラースペシャリスト

 

体験したカラースペシャリスト白髪染め

 

美容師パパの解説

 

ピンク・ナチュラル・アッシュの3色構成です。

 

全体的に白髪に馴染みやすい色味ですが、黒髪が多い人には明るく見えにくく濃く深い発色が特徴です。

 

ウエラと同様に3剤のオイルを混ぜて使用するタイプ

 

3剤のコハク酸(毛髪補修成分)と染料を髪の深部まで浸透させ、しっとりと柔らかな染め上がりと深みのあるつややかな髪色に。

 

中明度・中彩度で品よくツヤを出したい人に向いています。付属のオイルもその役目をさらに増幅します。

 

髪色が明るすぎる場合の次回から色を落ち着かせたい時に向いています。色味も黄色味をカバーしやすいブラウンバランスです。

 

黒髪を明るくする力は弱めです。

 

3剤のオイル、付属の2種類のトリートメントからもきれいな色つやの持続がテーマにある白髪染めですね。

 

 

価格(参考価格) 1620円
容量 1剤50g2剤50gオイル1ml
薬液タイプ クリーム
香り カラー剤の香り オイル無香料
容器 トレー型
付属品 トレー 手袋(ぶかぶか) コーム(普通) セラムオイル 2種のトリートメント

 

 

 

9明るい 〜876〜 5暗い

 

色見本

 

カラースペシャリスト白髪染め体験

 

カラースペシャリスト白髪染め体験

1.2剤は同量出して、使わない分は取っておけます。
(説明書にはすべてトレーに出してと書いてありますが。。。)


カラースペシャリスト白髪染め体験

3剤のオイルは植物性、無臭でべたべたというよりもサラサラした感じ。
ウエラよりもコーティング力(キューティクル守ってます的な)を感じます。


カラースペシャリスト白髪染め体験

 

1・2剤を小分けに使う場合、3剤のオイルも先っぽをひっくり返して栓ができました!(保存可能!)
3剤を開けるときに結構力が必要です(キャップが固い!!)


カラースペシャリスト白髪染め体験

 

混ぜるときに1剤が、少しだけ固めな気もしますが混ぜて使えば気になりません。

 

 


カラースペシャリスト白髪染め体験

ニオイも弱く、刺激も少し弱い気がします。

 


 

ナチュラル系

 

ColourSPECIALISTカラースペシャリスト N9

 

 

(白髪)

カラースペシャリストN9の色

(黒髪+白髪10%)

カラースペシャリストN9の色

より明るめのナチュラルブラウンの白髪染めです。

 

カラースペシャリストN9の色比較

カラースペシャリストN9の色比較

 

ナチュラルブラウンですがオレンジが強めです。
サイオス1N サイオスオレオ2Nよりもオレンジが強く見えます。

 

同じタイプのウエラ2+1の7CBよりも明るさは同じぐらいですがオレンジが強い分明るく感じやすいですね。

 

日本人特有の赤みの出やすい髪質、太く明るくなりにくい髪質の場合は赤みが強く残りやすいので注意してください。

 

黒髪を明るくする力も弱いので、程よく明るくツヤ感が欲しいときに。

 

 

白髪の多い人・逆に白髪が少なくて艶を出したい人向き

 

 

シュワルツコフ カラースペシャリスト N9 より明るめのナチュラルブラウン

 

 


 

 

 

ColourSPECIALISTカラースペシャリスト N5

 

 

(白髪)

カラースペシャリストN5の色

(黒髪+白髪10%)

カラースペシャリストN5の色比較

やや暗めのナチュラルブラウンの白髪染めです。

 

カラースペシャリストN5の色比較

カラースペシャリストN5の色比較

暗めのブラウンでサロンドプロ4とよく似た色味です。

 

ブローネ香りのヘアカラー4よりも赤みは少ないブラウンに染まりますが、色落ちで赤みは出てきます。

 

 

白髪をしっかりカバーしたい人向き

 

 

シュワルツコフ カラースペシャリスト N5 やや暗めのナチュラルブラウン

 

 


 

 

レッド系

 

ColourSPECIALISTカラースペシャリスト P8

 

 

(白髪)

カラースペシャリストP8の色

(黒髪+白髪10%)

カラースペシャリストP8の色

明るめのピンクブラウンの白髪染めです。

カラースペシャリストP8の色比較

カラースペシャリストP8の色比較

 

深い赤紫でピンクブラウンに発色します。

 

黄色く抜けたダメージヘアにはピンクに発色しやすい色ですが、濃く深い色のためはじめは暗く、色落ちとともにピンクを感じやすくなります。

 

 

同じ中明度中彩度のウエラ2+1 7PBとくらべて暗く濃いです(番号はP8ですが他社メーカーの番号と比較しないように

 

 

白髪が多め・黄色い色落ちを防ぎたい人向き

 

 

シュワルツコフ カラースペシャリスト P8 明るめのピンクブラウン

 

 


 

 

アッシュ系

 

ColourSPECIALISTカラースペシャリスト A8

 

 

(白髪)

カラースペシャリストA8の色

(黒髪+白髪10%)

カラースペシャリストA8の色

明るめのアッシュブラウンの白髪染めです。

カラースペシャリストA8の色比較

カラースペシャリストA8の色比較

 

サイオス3Aよりも暗めのアッシュです。アッシュベージュというよりもアッシュブラウンです。

 

赤みを抑える分、黒髪は暗めに見えやすくなります。

 

黒髪を明るく染める力は強くないので、白髪が多い人には赤みの少ないアッシュブラウンに染まりやすい色ですね。

 

 

白髪が多め・赤みを抑えたい人向き

 

 

シュワルツコフ カラースペシャリスト A8 明るめのアッシュブラウン

 

 


 

 

 

ColourSPECIALISTカラースペシャリスト A7

 

 

(白髪)

カラースペシャリストA7の色

(黒髪+白髪10%)

カラースペシャリストA7の色

やや明るめのアッシュブラウンの白髪染めです。

カラースペシャリストA7の色比較

カラースペシャリストA7の色比較

 

白髪の染まりを見ると同じカラースペシャリストA8よりも、ほんの少し暗めかな?ぐらいですが

 

白髪混じりの(黒髪+白髪10%)髪にはカラースペシャリストA8とほとんど違いがわからないと思います。

 

 

A8とA7で悩んだときは白髪の量で判断してみてください。(白髪が多いほどA7のほうが安心です)

 

白髪が多め・赤みを抑えたい人向き

 

 

シュワルツコフ カラースペシャリスト A7 やや明るめのアッシュブラウン