白髪染めトリートメント体験 お風呂編

 

 

まずはシャンプーした状態から染めてみます。

 

お風呂場でどこまで染まるかレッツチャレンジ!

 


 

シャンプー後の美容師パパ本人

 

シャンプー後タオルで水分をとる美容師パパ本人

 

 

シャンプーの後にタオルで軽く水気をとります。

 

ポタポタ落ちなくなるぐらい!(少し濡れているぐらいのほうが最後にクシでとかしやすいので)そんなにゴシゴシやらなくて大丈夫!

 


 

 

 

シャンプー後タオルで毛先の水分をとる美容師パパ本人

 

 

こんな感じで 毛先はやさしく(^o^)

 

 

 

 

 

 

今回は素手でどれぐらい手が染まるか調べたいので手袋なしで塗っていきます。

 


 

 

 

白髪染めトリートメントで分け目を染める美容師パパ本人

 

 

手で塗る時のコツは、 分け目をしっかりと分けて

 

 

 

 

白髪染めトリートメントで分け目を染める美容師パパ本人の塗り方

 

 

ポンッ と分け目のラインにのせるように

 

毛先まで塗ろうとしなくて大丈夫ですよ。

 

 

 

 

白髪染めトリートメントで分け目を染める美容師パパ本人の塗り方

 

 

 

 

 

美容師パパの「ちょっとしたコツ!」

 

この時に左側を塗るときは右手です。

 

塗りたいところと反対側の手を使って塗るのが、薬のムラを減らすコツです。

 


 

 

白髪染めトリートメントで襟足を染める美容師パパ本人

 

真ん中で分けてーー

同じようにペタッと塗っていきます。

 

 

白髪染めトリートメントで襟足を染める美容師パパ本人の塗り方

 

白髪染めトリートメントをとったら−

 

 

白髪染めトリートメントで襟足を染める美容師パパ本人の塗り方

 

左側ポてっと塗って−

 

 

白髪染めトリートメントで襟足を染める美容師パパ本人の塗り方

 

右側をポてっと塗ります。

 

白髪染めトリートメントで襟足を染める美容師パパ本人の塗り方

 

ちゃんと反対側の手を使っていますよね。(よかった)

 

 

 

白髪染めトリートメントを染める美容師パパ本人のコームの使い方

 

 

 

ここで大きなクシ「ジャンボコーム」でとかしていきます。

 

せっかくポテッて塗ったのに小さいクシだと(櫛目が密すぎて)くしについて取れちゃうのでジャンボコームはおすすめ!

 


 

 

白髪染めトリートメントを染める美容師パパ本人のコームの使い方

 

軽く全体をクシでとかしたら

 

白髪染めトリートメントを染める美容師パパ本人のコームの使い方

 

とかしたらー

 

白髪染めトリートメントを染める美容師パパ本人のコームの使い方

 

 

 

もう一度白髪染めトリートメントをとって

 

毛先にモミモミします。

 


 

 

白髪染めトリートメントを手に取る美容師パパ本人

 

 

白髪染めトリートメントをとってー

 

 

白髪染めトリートメントを毛先に揉み込む美容師パパ本人

 

 

 

モミモミ モミモミ

 

モミモミのポイントは

 

モミモミしたらクシではとかさないこと!

 


 

髪をダッカールで止めた美容師パパ本人

 

終わったらダッカールでとめてー

 

髪をタオルで巻いた美容師パパ本人

 

 

タオルで巻きます。

 

はじめにシャンプーの水気をとったタオルで大丈夫です。

 

(タオルは本当は黒がいいです。。。洗えばとれるといっても気になりますもんね。)

 


 

 

 

白髪染めトリートメントを素手で染めた美容師パパ本人の手

 

手はこんな感じになってますよね.。。。

 

どれぐらい色残りするのかドキドキ

 

 

 

お風呂に入る美容師パパ本人

 

 

そのままお風呂にはいりました!

 

ここでポイント!

 

商品ごとに放置する時間に違いがあるけど、どの商品も染まりが心配なら30分おいても大丈夫。

 

でも今回は22,3分でのぼせましたので終了します。

 


 

 

シャンプーで流す美容師パパ本人のコーム

 

 

流してーー

 

 

ドライヤーで乾かす美容師パパ本人

 

 

乾かしてみると。。。

 

 

白髪染めトリートメントを染めた美容師パパ本人の仕上がり

 

 

 

 

「白髪染めトリートメント」完了です!

 

 

「白髪染めトリートメント」で手は染まったか?

 

白髪染めトリートメントで染めた手

(クリックで拡大します)

 

 

 

女性は手袋したほうが安心

 

 


 

今回使用した白髪染め「利尻ヘアカラートリートメント」

 

白髪染めトリートメント

美容師パパ

市販の白髪染めトリートメントは染まらないと思っていた美容師パパ。。。実際に使ってみて考え方がかわりました!

 

3回使って納得です。

 

香りは無香料で何となくオーガニックな香り。

 

内容成分には名前の通り本当に「利尻昆布エキス」がはいっています。(そのニオイかな?)

 

美容師パパのロングヘアでもハリ・コシがでたのはうれしいです!指通りも満足。

 

こまめに気になるときだけ染めてもいいし、毎日染めても痛まない白髪染めができます。
美容師パパが利尻を使っているお客さんにパーマをかけた事が、自分でも使い始めたきっかけなんです)

 

 

ツヤ・ハリ・コシ・コスパも総合して考えると、1番安定しています。

 

ただ唯一気になるといえば

 

 

 

古いイメージと古風なネーミング。。。

 

 

 

商品はバッチリです!!!

 

 

 

美容師パパのおすすめは!

 

  • 根元のリタッチなら「ダークブラウン
  • 毛先のキラキラに「ライトブラウン
  • 赤くなっちゃうなら「ナチュラルブラウン

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

 

白髪染めトリートメント

 

ダークブラウン編

 

美容師パパ本人が白髪染めトリートメントダークブラウンを体験中

ブラック編

 

美容師パパ本人が白髪染めトリートメントブラックを体験中


 

色持ち編

 

白髪染めトリートメントを比較した髪

 

お風呂編

 

美容師パパ本人がお風呂で白髪染めトリートメントを体験中

 


 

 

 

 

関連ページ

ダークブラウン編
美容師パパが自宅のお風呂で白髪染めトリートメント(ダークブラウン)を実際に体験レポートしました。美容師が実際に自宅で自分で染めてみます。白髪の毛束にも染めてみて、何回染める状態の色がベストなのか調べてみました。 自分にピッタリの1本を選ぶ参考にして下さい。
ブラック編
美容師パパが自宅のお風呂で白髪染めトリートメント(ブラック)を実際に体験レポートしました。美容師が実際に自宅で自分で染めてみます。白髪の毛束にも染めてみて、何回染める状態の色がベストなのか調べてみました。 実際に染まった画像で確認して自分にピッタリの1本を選ぶ参考にして下さい。
色持ち編
美容師パパが毛束を染めて白髪染めトリートメントは実際に何回目からがベストな状態なのか、回数ごとに色の確認をして一番良い使い方を調べてみました。どれぐらい染まるか不安な人は参考にして下さい。