シャンプー・トリートメントタイプの白髪染め

美容師パパアイコン

ひとりでやりやすい

 

白髪染め

 

 

シャンプーは毎日使用することで除々に染めていくタイプ

トリートメント1回でしっかり染まるタイプ

 

美容院ではリタッチにはクリームタイプを使い、毛先にはプロ用の白髪染めトリートメントを使っています。
プロ用はマニキュアタイプ・微アルカリタイプ・トナータイプがあります。
市販はマニキュアタイプを自宅で使いやすくしたものが多いです。
頭皮についても染まりにくく髪の保護をしながら白髪も染める、自宅で染めるのにはぴったりです。

 

 

こんな人におすすめ

 

敏感肌、染料でかぶれる人

 

痛めずに染めたい人

 

染める時間のない人

 

 

 

シャンプー・トリートメントタイプの白髪染めのメリット

 

使うほど綺麗になる
20分で染まる
2.3回でしっかり色が入る
週に1回で続ければ良い
コストパフォーマンスがよい
トリートメント効果がある
かぶれる人でもつかえる

 

 

シャンプー・トリートメントタイプの白髪染めのデメリット

 

全然染まらないものもある

商品によってはどれだけ時間をおいても染まらないものがあります。

 

 

美容師パパアイコン

痛まない白髪染めを自分でやるには必要不可欠です。

詳しくは「美容院の痛まない白髪染め 3ヶ月で治す薬と塗り方教えます」

 

 

 

自分でシャンプー・トリートメントを試しています

 

美容師パパアイコン

 

 

関連ページ

クリーム(1・2剤タイプ)
美容院でも一番使用することが多いタイプです。こんな悩みの人におすすめします。リタッチの期間、薬の使用量も参考にしてください。クリームタイプ(1・2剤タイプ)のメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
液体・液状タイプ
美容院では、使用することが限られてるタイプです。液体・液状タイプ(リキッド、乳液タイプ)のメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
粉末タイプ
昔おばあちゃんが使ってたなんてよく聞くタイプです。ロングセラーにはしっかりとした理由がありました。粉末タイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
泡タイプ
美容院でもお客さんから耳にすることが多い泡タイプです。カラーのお直しにくるお客様の多くは「泡タイプの白髪染めの失敗」です。人気があるのはわかりますが、便利なだけであまりいいことはないんです。
光で染まるタイプ
新しいタイプの白髪染めです。楽ちんなだけにリスクをしっかり理解してから使って貰えれば安心です。光で染まるタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
ヘナタイプ
美容院でも使うことが多くなったヘナタイプです。。ヘナタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
マニキュアタイプ
美容院でも昔からあるマニキュアタイプです。酸性カラーもマニキュアタイプのことです。マニキュアタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。。