マニキュアタイプ

美容師パパアイコン

ツヤは1番

 

マニキュア

 

美容院では、痛むのが嫌な人・かぶれる人・肌の弱い人がマニキュアを選択されます。
白髪もしっかり染まりますが皮膚についたら取れないので、根本の白髪をしっかり染めるには美容師でなければ難しいです。

 

こんな人におすすめ

 

敏感肌、染料でかぶれる人

 

痛めずに染めたい人

 

 

 

マニキュアタイプのメリット
痛まない(キューティクルの保護、静電気防止、紫外線防止)
 
色味が豊富で発色も良い
繰り返すほど色味は定着

 

マニキュアタイプのデメリット

 

地肌についたら中々とれない

根本からしっかり白髪を染めることは難しいです。

洋服についたら、シミ取り專門のクリーニングでも難しい

普通の白髪染め以上に洋服などにつかないように気をつけて下さい。

色落ちがうつる

枕やタオルなどに色がうつることがあります。

色持ちがわるい

表面で染まるためはやく色が落ちます。

 

自宅で使うには難しい

 

美容師パパ びっくり

顔や頭皮につくと取れにくいので自分ひとりで塗るのはかなり難しいです。

 

関連ページ

クリーム(1・2剤タイプ)
美容院でも一番使用することが多いタイプです。こんな悩みの人におすすめします。リタッチの期間、薬の使用量も参考にしてください。クリームタイプ(1・2剤タイプ)のメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
液体・液状タイプ
美容院では、使用することが限られてるタイプです。液体・液状タイプ(リキッド、乳液タイプ)のメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
粉末タイプ
昔おばあちゃんが使ってたなんてよく聞くタイプです。ロングセラーにはしっかりとした理由がありました。粉末タイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
泡タイプ
美容院でもお客さんから耳にすることが多い泡タイプです。カラーのお直しにくるお客様の多くは「泡タイプの白髪染めの失敗」です。人気があるのはわかりますが、便利なだけであまりいいことはないんです。
光で染まるタイプ
新しいタイプの白髪染めです。楽ちんなだけにリスクをしっかり理解してから使って貰えれば安心です。光で染まるタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
ヘナタイプ
美容院でも使うことが多くなったヘナタイプです。。ヘナタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
シャンプー・トリートメントタイプ
昔からあるタイプですが最近は進化しています。こんな悩みの人におすすめします。シャンプー・トリートメントタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。