光で染まるタイプの白髪染め

美容師パパアイコン

注意

 

光

 

 

美容院にはありません

 

最近美容室でも噂の新しいタイプの白髪染めです。
デメリットのリスクを理解してから使用しないと大変です。

 

 

こんな人におすすめ

 

敏感肌、染料でかぶれる人

 

痛めずに染めたい人

 

美容院で今後カットしか絶対にしない人

 

 

 

 

 

光で染まる白髪染めのメリット

 

シャンプーの色落ちがない

 

痛まない

 

かぶれる方、美容院で薬品を使った施術が出来ないけど暗く染めたい人には有効

 

 

 

光で染まる白髪染めのデメリット

 

塗ったところは次に美容院で染めても緑になる

化学反応で発色しているので薬剤に全て反応します。

パーマ、カラーなどすべての施術が薬が落ちるまでできない

薬が落ちきるまでは何をしても緑色になります。外を歩けないレベルです。

 

ヘナよりも美容院でできることが限られる

基本的にカット以外は注意して下さい(担当の美容師に相談を!)

 

何で緑色?

硝酸銀がアルカリと反応して緑色に変色してしまいます。ヨウ素で少しは戻せますが注意です。

 

 

理解して使えば大丈夫

光

カットしかしないなら、楽ちんに使えます。

 

 

 

  • サンカラーマックス

光で染まる

太陽光や蛍光灯の光で染まる白髪染めです。

 

髪や頭皮にやさしく、朝塗って普段どうりの生活をしていればいいのでとても便利ですが。。
銀塩の光還元作用で染めているため、アルカリ剤(パーマ・カラー剤等)に触れただけで髪が緑色になり元に戻すことがとても困難になります。美容院でカット以外しない方なら、ジアミンアレルギーの人でも染めることができます。染めるのが面倒な人にも使い方を間違えなければ便利な白髪染めです。

 

サンカラーマックス


 

 

関連ページ

クリーム(1・2剤タイプ)
美容院でも一番使用することが多いタイプです。こんな悩みの人におすすめします。リタッチの期間、薬の使用量も参考にしてください。クリームタイプ(1・2剤タイプ)のメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
液体・液状タイプ
美容院では、使用することが限られてるタイプです。液体・液状タイプ(リキッド、乳液タイプ)のメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
粉末タイプ
昔おばあちゃんが使ってたなんてよく聞くタイプです。ロングセラーにはしっかりとした理由がありました。粉末タイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
泡タイプ
美容院でもお客さんから耳にすることが多い泡タイプです。カラーのお直しにくるお客様の多くは「泡タイプの白髪染めの失敗」です。人気があるのはわかりますが、便利なだけであまりいいことはないんです。
ヘナタイプ
美容院でも使うことが多くなったヘナタイプです。。ヘナタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
マニキュアタイプ
美容院でも昔からあるマニキュアタイプです。酸性カラーもマニキュアタイプのことです。マニキュアタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。。
シャンプー・トリートメントタイプ
昔からあるタイプですが最近は進化しています。こんな悩みの人におすすめします。シャンプー・トリートメントタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。