泡タイプの白髪染め

美容師パパアイコン

30歳まで

 

髪に泡をのせる絵

 

泡タイプのカラー剤は美容院にはありません

 

泡タイプのカラー剤は美容院にはありません。パーマやカラーの前につけるプレトリートメントには泡のタイプもあります。
美容院で泡になるものは液ダレ防止・薬の浸透促進が理由です。

 

 

こんな人におすすめ

 

ショートカットの人

明るめの白髪染めをしてる毛の丈夫なベリーショートヘアの人限定

 

 

 

ベリーショートヘアの人は何がいいの?

毎月カットするから「痛んでも気にならない」だけです。
泡の塗りやすさも毛が短いので根本もしっかり塗りやすくなります。

 

 

 

泡タイプのメリット

 

塗りやすい

 

 

泡タイプのデメリット

 

痛む

はじめの1回だけなら大丈夫です。

 

全体に塗れてる気分にさせてくる

泡になっている分、しっかりと量を塗布しないと色味が薄くなってしまいます。
生え際・根本のリタッチには不向きです。

 

 

30代後半からは「泡タイプは恐ろしい!

 

かなしい美容師パパ

 

美容院でカラーお直しナンバーワンは市販の泡タイプです
泡タイプでも染めてすぐはわかりにくいですが、ロングヘアほどあとでムラになって困って美容院にいらっしゃるお客様が多いです。
そしてそれをきれいな色にするのも、とても大変で、何ヶ月もかかることがあります。ロングヘアの人は後悔先に立たずですよ!

 

 

30歳までの理由「美容師が警告!白髪染めでツヤがなくなる理由」

 

関連ページ

クリーム(1・2剤タイプ)
美容院でも一番使用することが多いタイプです。こんな悩みの人におすすめします。リタッチの期間、薬の使用量も参考にしてください。クリームタイプ(1・2剤タイプ)のメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
液体・液状タイプ
美容院では、使用することが限られてるタイプです。液体・液状タイプ(リキッド、乳液タイプ)のメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
粉末タイプ
昔おばあちゃんが使ってたなんてよく聞くタイプです。ロングセラーにはしっかりとした理由がありました。粉末タイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
光で染まるタイプ
新しいタイプの白髪染めです。楽ちんなだけにリスクをしっかり理解してから使って貰えれば安心です。光で染まるタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
ヘナタイプ
美容院でも使うことが多くなったヘナタイプです。。ヘナタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
マニキュアタイプ
美容院でも昔からあるマニキュアタイプです。酸性カラーもマニキュアタイプのことです。マニキュアタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。。
シャンプー・トリートメントタイプ
昔からあるタイプですが最近は進化しています。こんな悩みの人におすすめします。シャンプー・トリートメントタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。