ヘナ

美容師パパアイコン

もう定番

 

 

かぶれには注意です

 

ヘナ

 

 

美容室でもヘナはメニューにあるところも多いです。粉末をお湯と混ぜて使用することが多いです。
ヘナはインドで昔から使われています。(タトゥーにも使われています)
髪の毛のタンパク質にヘナのタンニンが結合して絡み付き髪の内部で染まります。

 

 

 

 

こんな人におすすめ

 

髪の毛にハリ・コシのなくなってきた人

 

痛めずに染めたい人

 

 

 

ヘナタイプの白髪染めのメリット

 

痛まない

繰り返し毛先まで染めても痛みません。

ハリ・コシがでる

疎水性のトリートメント効果(水を弾く)で髪の補強材になります。

天然のヘナはジアミンアレルギーの人でも染められる

天然のヘナは明るいオレンジ色にしか染まりません、注意。

 

 

ヘナタイプのデメリット

 

100%天然のヘナは明るいオレンジにしか染まらない
染まった部分は美容院でも明るく出来ない
パーマのかかりが悪くなる
天然のヘナでは明るいオレンジにしかならない
暗くそまるヘナにはジアミン色素が入っているため、白髪染めでかぶれる人には使えない
独特のニオイが残る
頭皮の油分をとってしまう

 

 

 

「かぶれ」と「パーマ・カラー」だけは注意

 

美容師パパアイコン

 

今後明るく白髪染めするつもりのない方、パーマかけない方など、上手く使えば有効な白髪染めです。天然成分のものでかぶれることもありますので注意してください。

 

関連ページ

クリーム(1・2剤タイプ)
美容院でも一番使用することが多いタイプです。こんな悩みの人におすすめします。リタッチの期間、薬の使用量も参考にしてください。クリームタイプ(1・2剤タイプ)のメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
液体・液状タイプ
美容院では、使用することが限られてるタイプです。液体・液状タイプ(リキッド、乳液タイプ)のメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
粉末タイプ
昔おばあちゃんが使ってたなんてよく聞くタイプです。ロングセラーにはしっかりとした理由がありました。粉末タイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
泡タイプ
美容院でもお客さんから耳にすることが多い泡タイプです。カラーのお直しにくるお客様の多くは「泡タイプの白髪染めの失敗」です。人気があるのはわかりますが、便利なだけであまりいいことはないんです。
光で染まるタイプ
新しいタイプの白髪染めです。楽ちんなだけにリスクをしっかり理解してから使って貰えれば安心です。光で染まるタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
マニキュアタイプ
美容院でも昔からあるマニキュアタイプです。酸性カラーもマニキュアタイプのことです。マニキュアタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。。
シャンプー・トリートメントタイプ
昔からあるタイプですが最近は進化しています。こんな悩みの人におすすめします。シャンプー・トリートメントタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。