粉末タイプの白髪染めのメリット、デメリット

美容師パパアイコン

夏休みにおばあちゃんが使っていた

 

 

粉末タイプの白髪染め

粉末タイプは今はあまり使用されていません。

 

昔からある白髪染めです。
基本的な染める原理同じですがアルカリ剤を含まないためにニオイもなく痛まない。
反面、明るくできない、色味の幅がないのがネック?です。

 

 

 

こんな人におすすめ

 

痛めずに真っ黒にしたい人

 

 

 

粉末タイプのメリット

 

色落ちしても明るくなりにくい

 

必要な量だけ使える

 

水とまぜるだけ

 

ツンとしたニオイがしない

 

 

粉末タイプのデメリット

 

明るめの白髪染めには不向き

黒髪は色が抜けても明るくなりません。(メリットにもなっています)

 

シャンプーの後の色落ちが多い

染料が多いのでシャンプーで落ちますが色持ちはいいです。

 

 

ロングセラーには理由がある

 

美容師パパウインク

こんなニーズにはぴったり

 

白い毛を痛まず真っ黒に染められます

 

 

 

 

関連ページ

クリーム(1・2剤タイプ)
美容院でも一番使用することが多いタイプです。こんな悩みの人におすすめします。リタッチの期間、薬の使用量も参考にしてください。クリームタイプ(1・2剤タイプ)のメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
液体・液状タイプ
美容院では、使用することが限られてるタイプです。液体・液状タイプ(リキッド、乳液タイプ)のメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
泡タイプ
美容院でもお客さんから耳にすることが多い泡タイプです。カラーのお直しにくるお客様の多くは「泡タイプの白髪染めの失敗」です。人気があるのはわかりますが、便利なだけであまりいいことはないんです。
光で染まるタイプ
新しいタイプの白髪染めです。楽ちんなだけにリスクをしっかり理解してから使って貰えれば安心です。光で染まるタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
ヘナタイプ
美容院でも使うことが多くなったヘナタイプです。。ヘナタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
マニキュアタイプ
美容院でも昔からあるマニキュアタイプです。酸性カラーもマニキュアタイプのことです。マニキュアタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。。
シャンプー・トリートメントタイプ
昔からあるタイプですが最近は進化しています。こんな悩みの人におすすめします。シャンプー・トリートメントタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。