クリームタイプ

美容師パパアイコン

リタッチの定番

 

美容院ではこれが主流です

 

クリーム

 

2つの薬を混ぜて使用するタイプです。
根本のリタッチはほとんどクリームタイプを使っています。

 

 

こんな人におすすめ

 

白髪を完全に白髪とわからなく染めたい人

 

染めた色を長持ちさせたい人

 

 

クリームタイプのメリット

 

染めたいところだけに塗りやすい
混ぜなかった薬は保存可能
液ダレしにくい
生え際もしっかり染まる
薬の伸びが悪い

 

 

クリームタイプデメリット

 

毛先まで全体に薬を塗るのが苦手
薬の伸びが悪いのはデメリット?

 

伸びが悪いほうが根本だけ塗るには好都合なんですよ。 だから美容院の根本のリタッチはクリームタイプを使います。
特に生え際などしっかり染めたい部分は、伸びが良すぎても困ります。のせた薬が動いてしまうので。

 

 

1箱で足りない時がある

1回で使用するのは多くても80グラム(白髪2センチ以内)
美容院では多毛の人でも60グラムあれば、根本全体を塗ることが出来ます。

 

 

美容師パパアイコン

クリームタイプは色落ちが早くなる?

 

根本のリタッチ部分以外にクリームタイプで毛先まで染めることを繰り返すと毛先の色はすぐに明るくなってしまいます。クリームタイプで染めても毛先がすぐ明るくなってしまうのは髪が痛んでいる証拠なんです。

 

これが「魔のエンドレスキラキラ」です。

 

毛先のキラキラは「美容師が教える!白髪染め後のキラキラした髪の秘密」

 

関連ページ

液体・液状タイプ
美容院では、使用することが限られてるタイプです。液体・液状タイプ(リキッド、乳液タイプ)のメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
粉末タイプ
昔おばあちゃんが使ってたなんてよく聞くタイプです。ロングセラーにはしっかりとした理由がありました。粉末タイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
泡タイプ
美容院でもお客さんから耳にすることが多い泡タイプです。カラーのお直しにくるお客様の多くは「泡タイプの白髪染めの失敗」です。人気があるのはわかりますが、便利なだけであまりいいことはないんです。
光で染まるタイプ
新しいタイプの白髪染めです。楽ちんなだけにリスクをしっかり理解してから使って貰えれば安心です。光で染まるタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
ヘナタイプ
美容院でも使うことが多くなったヘナタイプです。。ヘナタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
マニキュアタイプ
美容院でも昔からあるマニキュアタイプです。酸性カラーもマニキュアタイプのことです。マニキュアタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。。
シャンプー・トリートメントタイプ
昔からあるタイプですが最近は進化しています。こんな悩みの人におすすめします。シャンプー・トリートメントタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。