リキッド・ジェルタイプ

 

美容師パパアイコン

液がたれる

 

 

美容室でリキッドタイプは、シャンプー台で寝たまま使用します。

 

寝ながら白髪染め

トナーという技術です。

 

 

美容院では浸透がよく短時間で染まりダメージを抑えれるので色味の微調整などに使います。
(基本的にシャンプー台で寝た状態で行います。)
市販のリキッドタイプはそんな使い方はできない成分で作られているので注意して下さい

 

 

こんな人におすすめ

 

 

特にありません

 

 

 

 

リキッド・ジェルタイプのメリット

 

全体に浸透しやすい

浸透しやすい分、液ダレしやすいので、シャンプー台で揉み込むようにするのがトナーです。

 

リキッド・ジェルタイプのデメリット

 

薬が柔らかすぎて塗りにくい

実際に使ってみましたが、美容師としては用途がいまいちわかりません。
根本を塗るには柔らかすぎます。

 

 

 

はじめの1回しか使えない

 

美容師パパアイコン

リタッチでは使いづらいので、白髪染めにはあまり向かないと思います。
毛先全体になじみやすくしているので余計に、繰り返すとガシガシになっていきます。
薬の浸透が良いだけに使い方が逆に難しいんですよ!

 

 

 

 

関連ページ

クリーム(1・2剤タイプ)
美容院でも一番使用することが多いタイプです。こんな悩みの人におすすめします。リタッチの期間、薬の使用量も参考にしてください。クリームタイプ(1・2剤タイプ)のメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
粉末タイプ
昔おばあちゃんが使ってたなんてよく聞くタイプです。ロングセラーにはしっかりとした理由がありました。粉末タイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
泡タイプ
美容院でもお客さんから耳にすることが多い泡タイプです。カラーのお直しにくるお客様の多くは「泡タイプの白髪染めの失敗」です。人気があるのはわかりますが、便利なだけであまりいいことはないんです。
光で染まるタイプ
新しいタイプの白髪染めです。楽ちんなだけにリスクをしっかり理解してから使って貰えれば安心です。光で染まるタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
ヘナタイプ
美容院でも使うことが多くなったヘナタイプです。。ヘナタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。
マニキュアタイプ
美容院でも昔からあるマニキュアタイプです。酸性カラーもマニキュアタイプのことです。マニキュアタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。。
シャンプー・トリートメントタイプ
昔からあるタイプですが最近は進化しています。こんな悩みの人におすすめします。シャンプー・トリートメントタイプのメリット、デメリットから自分にあってるか判断の基準になればうれしいです。