白髪染めトリートメント体験 ダークブラウン編

 

美容師パパ

今回は白髪染めシャンプーと比較するので利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンで染めていきます。

 

 

白髪染めトリートメント

トリートメントのほうが若干液がもったりしています。
ニオイがシャンプーとおんなじ無臭ですね。

 

 

 

利尻ヘアカラートリートメントダークブラウンの毛
薬をつけて20分おいてみます。

 

利尻ヘアカラートリートメント ダークブラウン

染まった毛束がこちらです。
1回染めただけでしっかり深い色合いに染まっています。白髪染めシャンプーとの比較はこちら

 

 

 

 

白髪染めトリートメント比較

後ろから見て全体がおちつきましたね、毛先の明るさがおさまっています。

白髪染めトリートメント比較

この写真セクションの位置が違うのですが上のほうがビフォーより白髪が多いんです。
そちらをみてもらいたくて場所が変わっちゃいました、ごめんなさい。

 

 

白髪染めトリートメント比較

ツムジまわりでわかりますよね。
表面がしっかり染まってると何か自信が持てますね。

 

 

白髪染めトリートメント比較

白髪が近くで見てもわからないぐらいに染まっています。

 

 

こんな人は使っちゃダメです

 

 

美容師パパびっくり

チェック

 

髪が赤っぽくなるのがキライ
自然な色合いなのですが、黒髪が少しだけ明るくなった時と同様に、若干赤みが残ります。(自然な赤です)

 

チェック

 

真っ黒に染めたい もっと暗めに染めたい

 

5回繰り返しても染まりが弱く感じるときは美容師が教える!市販の白髪染めトリートメントを染めるポイントを一度試してみてください。
真っ黒にしたいときは、粉末タイプなら痛めずにできます。(次回明るくするときは注意が必要です)

 

 

チェック

 

白髪染めをしたことがない
普通の白髪染めで染めた毛がないということは黒髪と白髪のコントラストが大きい状態です。白髪の量と場所にもよりますが先ずは、白髪染めトリートメントのブラックから試したほうが失敗は少ないと思います。

 

 

 

 

 

今回使用した白髪染め「利尻ヘアカラートリートメント」

 

白髪染めトリートメント

美容師パパ

 

市販の白髪染めトリートメントは染まらないと思っていた美容師が驚きました。

 

ニオイは無臭で何となくオーガニックな香りがしますね。
内容成分には名前の通り本当に「利尻昆布エキス」がはいっています。(そのニオイかな?)

 

ハリ・コシがでた感じがするのは利尻が一番でした

 

こまめに気になるときだけ染めてもいいし、毎日染めても痛まない白髪染めができます。

 

ツヤ・ハリ・コシ・コスパも総合して考えると利尻が1番安定しています。

 

ただ唯一気になるといえば
 古いイメージと古風なネーミング。。。

 

商品はバッチリです!!!

 


 

美容師パパの「利尻ヘアカラートリートメント」の口コミ体験レビューページへ

 

 


 

 

美容師パパの染める前の髪の状態

 

 

美容師パパロゴ

美容師パパのプロフィール

全体に40%ぐらいのチラホラ白髪です。

 

長さは肩下のロングヘアでくせ毛です

 

表面より中の白髪が多いです

 

髪の痛みは毛先5センチほどは縮毛矯正が残り少しダメージがあります

 

左はドライヤーで乾かしただけです。右はスタイリングでストレートアイロンで伸ばしています。

 

白髪のモデル

 

 

白髪のモデルのツムジ

 

白髪のモデル内側の白髪

 

白髪染めトリートメント

ダークブラウン編

 

白髪染め比較

ブラック編

 

白髪染め比較


 

色持ち編

 

白髪染め比較

 

お風呂編

 

白髪染め比較


 


関連ページ

お風呂編
美容師パパが自宅のお風呂で白髪染めトリートメントを実際に体験レポートしました。美容師が自分で染めて良し悪しを判断しています。実際に素手で染めたときの手の色残りからお風呂でも塗り方のコツもご紹介。参考になればうれしいです。
ブラック編
美容師パパが自宅のお風呂で白髪染めトリートメント(ブラック)を実際に体験レポートしました。美容師が実際に自宅で自分で染めてみます。白髪の毛束にも染めてみて、何回染める状態の色がベストなのか調べてみました。 実際に染まった画像で確認して自分にピッタリの1本を選ぶ参考にして下さい。
色持ち編
美容師パパが毛束を染めて白髪染めトリートメントは実際に何回目からがベストな状態なのか、回数ごとに色の確認をして一番良い使い方を調べてみました。どれぐらい染まるか不安な人は参考にして下さい。