白髪染めトリートメント体験 ブラック編

 

美容師パパ

今回は白髪染めシャンプーと比較するので利尻ヘアカラートリートメントのブラックで染めていきます。

 

 

利尻ヘアカラートリートメントブラック
つけたまま
利尻ヘアカラートリートメントブラック
何もせず20分おきます。(シャンプーの時は5分おきましたね。)

 

白髪染めトリートメントブラック

 

染まった毛束がこちらです。
1回染めただけでしっかり深い色合いに染まっています。白髪染めシャンプーとの比較はこちら

 

 

 

白髪染めトリートメントブラック

後ろから見ても少し落ち着いた印象になりました。

白髪染めトリートメントブラック

これがうれしいですね。
自分では後ろが見えないので気にしていませんでしたが、キレイに染まりました。

 

白髪染めトリートメントブラック

これだけしっかり染まっていると白髪だとわかりませんね。
近くから見ても違和感ありません。

 

白髪染めトリートメントブラック

ツムジと分け目の表面に見える毛も気にならなくなりました!!

 

 

 

こんな人は使っちゃダメです

美容師パパびっくり

チェック

 

明るくしたい
黒髪は明るくならないので、白髪と黒髪をなじませるのに向いています。
染めていないチラホラ白髪ならブラックのほうがいいですね

チェック

 

やわらかく感じさせたい
ブラックはアッシュ系(ブルー・グレイ)のため、赤みが入っていません。
色が抜けてきた時も寒色系で落ちてくるので柔らかく、華やかにしたい場合はダークブラウンの方が向いています。
 

チェック

 

明るめの白髪染めをしている
クリームタイプの明るめの白髪染めをしている場合はブラックでは暗すぎます。。。ブラウン・ダークブラウンなど明るめを混ぜて使う方法をおすすめします。

 

 

今回使用した白髪染め「利尻ヘアカラートリートメント」

 

白髪染めトリートメント

美容師パパ

 

市販の白髪染めトリートメントは染まらないと思っていた美容師が驚きました。

 

ニオイは無臭で何となくオーガニックな香りがしますね。
内容成分には名前の通り本当に「利尻昆布エキス」がはいっています。(そのニオイかな?)

 

ハリ・コシがでた感じがするのは利尻が一番でした

 

こまめに気になるときだけ染めてもいいし、毎日染めても痛まない白髪染めができます。

 

ツヤ・ハリ・コシ・コスパも総合して考えると利尻が1番安定しています。

 

ただ唯一気になるといえば
 古いイメージと古風なネーミング。。。

 

商品はバッチリです!!!

 


 

美容師パパの「利尻ヘアカラートリートメント」の口コミ体験レビューページへ

 

 


 

 

美容師パパの染める前の髪の状態

 

美容師パパロゴ

美容師パパのプロフィール

全体に40%ぐらいのチラホラ白髪です。

 

長さは肩下のロングヘアでくせ毛です

 

表面より中の白髪が多いです

 

髪の痛みは毛先5センチほどは縮毛矯正が残り少しダメージがあります

 

左はドライヤーで乾かしただけです。右はスタイリングでストレートアイロンで伸ばしています。

 

白髪のモデル

 

 

白髪のモデルのツムジ

 

白髪のモデル内側の白髪

 

白髪染めトリートメント

ダークブラウン編

 

白髪染め比較

ブラック編

 

白髪染め比較


 

色持ち編

 

白髪染め比較

 

お風呂編

 

白髪染め比較


 


関連ページ

お風呂編
美容師パパが自宅のお風呂で白髪染めトリートメントを実際に体験レポートしました。美容師が自分で染めて良し悪しを判断しています。実際に素手で染めたときの手の色残りからお風呂でも塗り方のコツもご紹介。参考になればうれしいです。
ダークブラウン編
美容師パパが自宅のお風呂で白髪染めトリートメント(ダークブラウン)を実際に体験レポートしました。美容師が実際に自宅で自分で染めてみます。白髪の毛束にも染めてみて、何回染める状態の色がベストなのか調べてみました。 自分にピッタリの1本を選ぶ参考にして下さい。
色持ち編
美容師パパが毛束を染めて白髪染めトリートメントは実際に何回目からがベストな状態なのか、回数ごとに色の確認をして一番良い使い方を調べてみました。どれぐらい染まるか不安な人は参考にして下さい。