Media Vision

 

 

 

セルフカラー と 美容師 の架け橋に

 

 

 

 

「美容師はセルフカラーをやめてほしいと思う」

 

 

売上がさがる、来店頻度が下がるといった「金額」クオリティーが下がる、再現性が下がる、提案できる幅の減少などの「デザイン性」

 

セルフカラーを否定する気持ちは、低俗なものから愛情あふれる顧客重視の気持ちまで様々です。

 

 

 

「セルフカラーしています」

 

頭皮がしみる、アレルギーになった、時間がない、お金がない、美容院が苦手、接客がわずらわしい、白髪が染まっていない、明るく染まらない

 

セルフカラーをしている人は、環境、金銭、時間、体調などの個人的理由から美容師の技術に対する不信感の積み重ねまで様々です。

 

 

 

「キレイにしたい・なりたい気持ちは変わらない」

 

美容師の心の中もセルフカラーをする人の心の中も同じなんです。

 

 

 

 

美容院に行きたいけど行けない事情を抱え、セルフカラーをすることで心理的に美容師への足が遠くなってしまう。

 

セルフカラーの失敗を修正するために美容院へ行き、一時的な改善のままセルフカラーを続けることで間違った使い方を続けてしまう。

 

 

 

「はじめからセルフカラーの失敗をさせてはいけない」

 

 

”市販のカラー剤をより良く使うための、一番の協力者はメーカーではなく美容師”であるべき。

 

”セルフカラーの悩みに一番身近で手を差しのべることができるのは、メーカーのお客様相談室や、研究員ではなく美容師であるべき”です。

 

だれもが美容師になる前から市販のカラー剤は存在し、新製品が今も生み出されています。その意味を美容業界は真剣に考える時期ではないでしょうか?

 

 

そこで私たち美容師は考えました。

 

セルフカラーで悩む人たちへ向けて「商品はこういう視点で選べばよい」という「美容師の選び方」のノウハウを共有するサービスがあれば、美容業界と美容師とセルフカラーで悩む人の悪循環を解消できるのでは?と。

 

市販の薬を使ったセルフカラーで失敗する人が減ることによって、美容院への来店に繋がり、美容師とセルフカラーの共有が進み、よりよい美容業界の発展に繋がります。

 

 

「ただ安いから」「しっかり染まるって聞いて」「いちばん人気と聞いて」、そんな理由で市販のカラー剤を購入し「なんで思ったとおりにならないのだろう」と後悔する人を減らしたい。

 

 

セルフカラーの失敗で後悔する人の多くは、国家資格を持つ美容師以外から発信される情報を参考にしています。
自分に当てはまる商品ではないカラー剤を選び、失敗したときの原因を自分と自分の髪質のせいで納得させてしまう。

 

セルフカラーと美容師と美容業界の関係がうまく行かなかった原因は、商品ではなく”正しい使い方を伝える環境づくり”に起因する。

 

 

だからこそ、世の中の人たちのセルフカラーの考え方を変えるサービスを創りたい。

 

その想いで美容師パパメディアは創られています。

 

 

 

 

美容師パパメディアロゴ

 

 

 

 

美容師パパmedia

美容師パパmedia

 

 

美容師パパメディア市販の白髪染め比較大全集

 

 

美容師パパメディア白髪染めトリートメントおすすめランキング

運営者情報

 

 

運営元 『shiragatte。』
住所 〒102-0093 東京都千代田区平河町1-6-15USビル8F
電話番号 03-6261-7865
mail papa@biyoushipapa.com
Facebook https://www.facebook.com/biyoushipapa/
LINE@ https://line.me/R/ti/p/%40upi8053o @upi8053o
twitter https://twitter.com/biyoushi_papa
instagram https://www.instagram.com/biyoushi_papa
Peing-質問箱- https://peing.net/ja/biyoushi_papa?event=0&event=0
監修 美容師パパ(商標登録第6112128号)

美容師パパライセンス

登録美容師番号

  • 第五四九七二号平成十二年三月三日登録

 

著作権等知的財産権について

当メディア内の記事、写真その他すべてのコンテンツにおいての知的財産権は”美容師パパ”に帰属します。利用者は、当該情報を私用目的で利用される場合にかぎり使用できます。無断でそれを越えて、使用(複製、送信、譲渡、二次利用等を含む)することは禁じます。商標権及び引用の範囲に関しては事前にお問い合わせください。

 

”美容師パパ”って? 「美容師パパmedia キャラクター紹介」

 

美容師パパ

 

セルフカラーの悩み・失敗に常に寄り添う

「あなたの家の近所の美容師」

名称 美容師パパ
年齢 永遠の42歳
性別 秘密
持病 アレルギー(ジアミン) 冷え性
使命

白髪染め専門家として
セルフカラーの正しい使い方を伝える環境づくり

 

 

髪の毛を染めることって人生変わりますよね。

 

美容師パパが、美容師になりたての頃思い切って髪をブロンドにしたことがあります。

 

ブリーチを3回、4回 頭皮をヒリヒリさせながら自分のなりたい色になった時は

 

 

なんだか世界が変わりました。

 

 

まわりも自分に対して,なんとなく接し方がかわったきがして。。。
髪の毛の色が違うだけでこんなにも色々変わるんだと衝撃を受けてから

 

美容師として カラーリングを追求する毎日です。

 

ダンボールいっぱいにカラー剤をかってディーラーさんには 「ここまでしない」って驚かれました。

 

一日になんども髪を染め続けて、アレルギーにもなりました。(ジアミンアレルギーで困っている人の気持ちは良くわかります)

 

 

たどりついたのは 
結局、傷んだ髪の毛は綺麗に見えない」 ということでした。

 

それからは色味よりも、この色にするときのダメージはここまでなら抑えれるって 
色味ももちろんですが、必要以上に痛ませないカラーリングをいつも考えています。
もともとが職人肌のザ・職人です。

 

 

でもこれって
お客さんにはいっさい伝わらないんです。。。
痛まないように染めることが大切なのに、傷んだ毛を治すことのほうが喜ばれてしまう。

 

もちろん、はじめてお会いしてチリチリになってしまっていた毛をなんとか切らずにもとに戻して喜ばれたりするのも嬉しいんですけど

 

 

 

バカな美容師が自分で必要以上にダメージを与えてるのに

 

髪が傷んだんだからトリートメントやろう!!!ってそりゃあ詐欺でしょう!!!!

 

っていっつもおもいます。
(傷んだのは「髪」じゃなくて、痛んだのは「私のココロ」)

 

評価はされにくいんですが、美容師パパがセルフカラーと美容師の関係に少しでも貢献して、同じ悩みを持つ人達の解決の場になればうれしいです。

 

おこがましいですが、目に見える傷みだけでなく、見えない心の痛みも解決すべく

 

髪も心も「痛まない」美容師パパの白髪染めが痛む人大集合をこれからもよろしくお願いいたします。