美容師パパの「白髪染めシャンプー講座」

 

白髪染めシャンプーは「シャンプーするだけで白髪が染まる!

 

っていうけれど。。。

 

 

  • あんまり染まらないんじゃないの?」
  •  

  • シャンプー自体のクオリティーはどうなの?」
  •  

  • 手が汚れるから結局は面倒くさい?」
  •  

  • 使い方がいまいちわからないんだけど?」
  •  

  • 「白髪染めシャンプー・トリートメントって何が違うの?」

 

 

白髪染めシャンプーには失敗しないための大切なポイントがあるんです。

 

 

美容師パパのもくじ

 

白髪染めシャンプーはこれぐらいは染まる!

 

実際に白髪染めシャンプーで白髪を3回染めるとこれぐらいは染まります!

 

 

 

ダークブラウン

白髪染めシャンプーダークブラウンで3回染めた髪の染まり

 

ブラック

白髪染めシャンプーブラックで3回染めた髪の染まり

 

 

 

結構染まっていますよね?

 

 

 

 

美容師パパの「白髪染めシャンプー体験総集編」

 

 

美容師パパの白髪染めシャンプー体験前の髪の状態の解説

美容師パパのプロフィール

全体に40%ぐらいのチラホラ白髪です。

 

長さは肩下のロングヘアくせ毛です

 

表面より中の白髪が多いです

 

毛先5センチほどは縮毛矯正が残り少しダメージがあります

 

左はドライヤーで乾かしただけです。右はスタイリング(ストレートアイロン使用)しています。

 

白髪モデル美容師パパ本人の後頭部

 

 

白髪モデル美容師パパ本人のつむじ

 

白髪モデル美容師パパ本人のサイドビュー

 

 

 

 

白髪染めシャンプーの基本的な使い方

 

 

はじめに色がわかりやすいように毛束を染めていきます

 

 

はじめの10回は毎日使用するのがベストです

 

 

美容師パパの解説

「ダークブラウン」の変化

(画像拡大して色味を確認してみて下さい)

白髪染めシャンプーダークブラウンで1回染めた髪と白髪

白髪染めシャンプーダークブラウンで5回染めた髪と白髪

白髪染めシャンプーダークブラウンで10回染めた髪と白髪

 

 

 

白髪染めシャンプーを「5回〜10回」使ってみると

 

比べてみると、だんだん色が濃くなっているのがわかりますよね!

 


 

「ブラック」の変化

(画像拡大して色味の確認してみて下さい)

白髪染めシャンプーブラックで1回染めた髪

白髪染めシャンプーブラックで5回染めた髪

白髪染めシャンプーブラックで10回染めた髪

 

 

 

10回染めてからは週に1日染めれば大丈夫

 

 

美容師パパの解説

明るさの変化

(画像拡大して色味の確認してみて下さい)

白髪染めシャンプーダークブラウンで1回〜5回染めた髪の明るさ変化

白髪染めシャンプーダークブラウンで6回〜10回染めた髪の明るさ変化

 

白髪染めシャンプーブラックで1回〜5回染めた髪の明るさ変化

白髪染めシャンプーブラックで6回〜10回染めた髪の明るさ変化

 

 

 

5回目である程度しっかり染まっています!

 

その後もだんだんとに濃く染まっていきますね。

 


 

 

色の変化

(画像拡大して色味の確認してみて下さい)

白髪染めシャンプーダークブラウンで2回〜15回染めた髪の色の変化

 

白髪染めシャンプーダークブラウンで6回〜10回染めた髪の色の変化

 

白髪染めシャンプーブラックで2回〜5回染めた髪の色の変化

 

白髪染めシャンプーブラックで6回〜10回染めた髪の色の変化

 

 

 

ごめんなさい!!

 

スマホの画像ですこし赤味がかかってしまい。。。

 

3回目の画像の色味が肉眼に1番近い色です!!


 

 

「白髪染めシャンプーの使い方」3つのポイント

 

美容師パパチェック

 

10回は諦めずにシャンプーしてみるべし

 

回数が重なるたびに色も自然にジワジワ染まり始めるので、はじめの10回は必ず毎日使うことが大切です。

 

 

スタイリング剤は他のシャンプーで先に落とすべし

 

ワックスやオイルなどのスタイリング剤が残っていると染まりが弱くなります。
白髪染めシャンプーで2回洗っても良いですね。

 

 

染まった後はマイペース

 

その後は自分のペースに合わせて週に1日でも大丈夫ですよ。
ただ、シャンプーなので気にせずに毎日使い続けるほうが、色持ちも良くなります。

 

 

「白髪染めシャンプー」こんな人は使っちゃダメです

 

美容師パパの解説

 

10回染める前に市販のシャンプーを使ってしまう

 

10回までは最低でも同じ白髪染めシャンプーを続けて下さい。10回染める前に市販のシャンプーを使ってしまうと染まり始めた色が落ちてしまいます。

 

 

面倒くさいから乾かさない ドライヤーを使わない

 

ドライヤー使わないほうが髪に優しいのは気のせいです。乾かさない事で色も落ちやすく、枕に色移りしてしまいます。濡れた毛が枕にあたると髪が痛んでしまうんです。 

 

 

真っ黒に染めたい もっと暗めに染めたい

 

根本から毛先まで真っ黒に染めるとき、白髪染めシャンプーは必要ありません。白髪染めトリートメントを使って下さい。100回染めても真っ黒にはならないんです。

 

 

 

 

 

 

基本的な使い方がわかったところで次は。。。

 

実際に美容師パパがお風呂で染めてみます

 

 

 

 

 

 

美容師パパ本人が「白髪染めシャンプー初体験」

 

 

 

 

さっそく、実際にシャンプーしてみます。

 

今回はシャンプーとトリートメントの比較のため利尻ヘアカラーシャンプーを使います。

 


 

白髪染めシャンプーのボトル

 

 

白髪染めシャンプー液の色

 

 

黒いです。使用量は長さで違うと思いますが、少しずつ足していけば大丈夫です。
においは無臭 何となくオーガニックな香りがします。

 


 

頭皮もみブラシ

 

 

 

せっかくなので、頭皮もみブラシを使ってみます。(利尻の初回購入でおまけに付いてました)

 

美容師でも自分の頭を自分で洗うのは疲れます。。。どんな手の大きさでも使える柔らかさです。

 


 

 

頭皮もみブラシで美容師パパ本人が白髪染めシャンプー中

 

 

モミモミしてるうちにとても泡立ちます。シャンプー自体の泡立ちがかなりいいです。

 


 

 

頭皮もみブラシで後頭部を洗う美容師パパ本人

 

 

 

ロングヘアの人はわかってもらえると思いますが、この辺りが洗いづらい!

 

指だと頭皮までとどきにくいのでブラシだと気持ちいいです。

 

髪を結んでいると特にこの辺りはムレやすくかゆくなりがちなので、これはいいです。

 


 

頭皮もみブラシの泡で頭を洗う美容師パパ本人

 

 

 

クルッとまとめて体を洗います。

 

2プッシュも使っていないぐらいですが泡も柔らかく、たれにくかったのでそのまま体を洗います。

 


 

白髪染めシャンプーの泡

 

 

 

泡の色はこんな感じです。 
泡でお風呂が汚れることはなさそうですよね。。。美容師パパの嫁はきびしいのです。

 

ただシャンプーの原液の飛び散りは注意です。浴槽はお湯で流しておきましょう。

 

色がでなくなるまで流します。(シャワーだと色落ちは気にならなかったです)

 


 

頭皮もみブラシとアンパンマンシャンプー

 

 

 

使い終わった頭皮もみブラシは、子どものアンパンマンシャンプーに引っ掛けるのにピッタリの大きさです。

 


 

白髪染めシャンプー後のタオルの汚れ

 

 

流して色がでなければ、タオルにも色がつきませんでした。

 

特にいつものシャンプーと使い方に違いはないですね。

 


 

 

髪を乾かす美容師パパ本人

 

 

 

すぐドライヤーで乾かしたら。。。

 

 

 

白髪染めシャンプー後の美容師パパ本人の仕上がり

 

 

 

「白髪染めシャンプー」初体験完了です!

 

 

 

 

 

美容師パパの「白髪染めシャンプー初体験の感想」

 

美容師パパ解説

 

シャンプーの使用感は美容院専売のものと遜色ありません

 

シャンプー成分からも確認済みです。

 

 

泡立たせる事が重要です

 

全体が泡で包まれることで根本までむらなく発色します。

1回で泡立ちが弱い時は、一度軽く流すか、量を足して下さい。少量では染まりが弱くなると思います。

 

 

シャンプーの後はハリ・コシがでます

 

ぺたんこになることもなくトップのふんわり感は損ないません。

シャンプーの成分で、クセも少し伸びて収まりやすくなります。

 

 

頭皮のニオイが気にならなくなった

 

シャンプーには加齢臭を抑える成分も入っています。

 

 

女性は爪に注意

 

特に皮膚と爪の間は色が沈着しやすい部分です。

 

後でお話しする「素手でも安心!美容師パパの白髪染めシャンプー法ならほとんど色はつきませんよ!

 

 

 

次は。。。

 

 

「色別」に白髪染めシャンプーを比べてみます

 

 

 

 

白髪染めシャンプー(ダークブラウン)で染めてみる

 

 

 

 

まずは美容師の習性で使用する前に白い毛に染めて色みを見てみます。

 


 

白髪染めシャンプーの準備

 

 

 

シャンプーなので、まずはお湯で髪を濡らして。。。

 


 

 

白髪染めシャンプーをつけた髪

 

 

 

 

黒いですが!シャンプーです。

 

(美容院でもカラーシャンプーって実際の色味に近い色のシャンプーが多いです)

 

 


 

白髪染めシャンプーを揉み込んだ髪

 

 

 

モミモミしてるうちに、うっすら色が入っています。

 

5分ほどモミモミして

 

美容院だとシャンプーって11分するけど、家だと5分もしていないような??3分ぐらいかも。。。

 


 

 

白髪を染めた白髪染めシャンプーダークブラウンの色

 

乾かしてみました。(画像クリックで大きくなります

 

 

 

 

白髪と白髪染めシャンプーダークブラウンで染めた髪の比較

 

染める前と比較するとよくわかります。

 

 

結構染まってますよね。

 

 

 

 

白髪染めシャンプー「ダークブラウン」を1回染めてみました

 

 

白髪染めシャンプーダークブラウン1回使ったビフォーアフター後頭部

 

 

ビフォー・アフターです。シャンプーの効果で少しくせが伸びやすくなった実感があります。

 


 

 

 

白髪染めシャンプーダークブラウンを1回使ったビフォーアフターサイドビュー

 

 

中の白髪も、根元の方から色が入っていたのはびっくり!

 


 

 

 

白髪染めシャンプーダークブラウンを1回使ったビフォーアフターつむじ

 

 

 

ツムジからみるとうっすらと色が入ってきています。

 


 

 

 

白髪染めシャンプー(ダークブラウン)で5回染めてみる

 

 

白髪染めシャンプーダークブラウンを5回使ったビフォーアフター後頭部

 

 

 

色持ち編でも5回目からはある程度色が染まってきてます。

 


 

 

 

白髪染めシャンプーダークブラウンを5回使ったビフォーアフターサイドビュー

 

 

 

1回めより確かに染まっています。

 


 

 

白髪染めシャンプーダークブラウンを5回使ったビフォーアフターつむじ

 

 

 

美容師パパの髪はほとんど黒髪で明るく染めてもいないので、ダークブラウンでは色味的にはなじみにくいです。

 


 

 

白髪染めシャンプー(ダークブラウン)で10回染めてみる

 

白髪染めシャンプーダークブラウンを10回使ったビフォーアフター後頭部

 

 

 

ダークブラウンで10回染めた感じです。

 

肉眼で見ると、チラホラ白髪だとダークブラウンじゃちょっと明るいかも。(黒髪を明るく染めている場合はダークブラウンの方がなじみます)

 


 

 

 

白髪染めシャンプーダークブラウンを10回使ったビフォーアフターサイドビュー

 

 

 

表面の白髪が光にあたっても色がはいっているのってうれしいですよねーーー

 


 

 

白髪染めシャンプーダークブラウンを10回使ったビフォーアフターつむじ

 

 

 

もちろん「ダークブラウン」でもちゃんと染まっています。

 


 

 

 

白髪染めシャンプー(ダークブラウン)こんな人は使っちゃダメです

美容師パパの解説

 

黒髪の分量が多く太い髪質の人

 

白髪染めシャンプーのブラックのほうがダークブラウンより白髪が馴染みやすくなります。すでに明るい場合はダークブラウンでも大丈夫です。私の髪は 量が多くクセがあり、以前に白髪染めもしていないので 黒髪との馴染みが悪い ですね。

 

赤っぽくなるのがキライな人

 

白髪がオレンジがかって見えるため少し赤みを感じます。もう少し暗めなら白髪染めトリートメントのダークブラウンがおすすめです。

 

 

 

 

白髪染めシャンプー(ブラック)で染めてみる

 

 

 

 

まずは白髪に染めて発色と明るさ、鮮やかさを確認します。

 

これは人間の白髪を束にしたものです。ヤギやヤクの毛で染めて色を見ることもあります。

 


 

利尻ヘアカラーシャンプーブラック毛

 

 

シャンプーなのでお湯でもみこみながら。。。

 

 

利尻ヘアカラーシャンプーブラック毛

 

 

 

10分放置します。。。

 

 

 

動物のヤク

 

 

 

待っている間に動物のヤクを調べてみました。やぎより大きいですよね。

 

ヤクのカラー用の毛も人間の毛よりクセで広がる感じなんです。ちじれてボリュームがあります。

 

今回は人毛です!(美容院ではテスト用の人間の髪は高級で、中国製が多かったのですが年々値上がりしています。。。)

 


 

 

 

 

 

利尻ヘアカラーシャンプーブラック毛

 

 

赤みのないグレイッシュな色ですね

画像クリックで大きくなります

 

 

利尻ヘアカラーシャンプーブラック毛

 

 

シャンプー剤の色に近い仕上がりです

 

 

白髪染めシャンプー(ブラック)で5回染めてみる

 

 

白髪染めシャンプーブラックを5回使ったビフォーアフター後頭部

 

 

後ろから見てもあまり違いがわかりませんね。。。

 


 

 

白髪染めシャンプーブラックを5回使ったビフォーアフターサイドビュー

 

 

サイドから見るとダークブラウンより白髪が黒髪となじんでいます。

 


 

白髪染めシャンプーブラックを5回使ったビフォーアフターつむじ

 

 

ツムジの表面の毛をみても、黒髪とのなじみがいいですね!


 

 

白髪染めシャンプー(ブラック)で10回染めてみる

 

白髪染めシャンプーブラックを10回使ったビフォーアフター後頭部

 

 

ブラックで10回染めた感じです。

 

肉眼で見ても、白髪が黒髪となじんで見えます。

 


 

 

 

白髪染めシャンプーブラックを10回使ったビフォーアフターサイドビュー

 

 

 

ブラックでも暗めな印象は感じないですね。自然になじんで見えます。

 


 

 

 

白髪染めシャンプーブラックを10回使ったビフォーアフターつむじ

 

 

上から見ても白髪が目立ちにくいです。


 

 

 

白髪染めシャンプーブラックを10回使ったビフォーアフター接写

 

 

まばらにあったチラホラ白髪がわからなくなりました!

 


 

 

 

白髪染めシャンプーブラックを5回と10回使った色の比較

 

 

 

ブラック5回と10回の比較です。

 

黒髪にはブラックのほうがいいですね。自分でもしっくりきます。

 


 

 

白髪染めシャンプー(ブラック)こんな人は使っちゃだめです

 

美容師パパの解説

 

しっかりと暗めに染めたい人

 

白髪染めシャンプーだけで真っ黒に染めることはできません。繰り返すことでじんわりと色が入ることで色落ちを防いで自然にみせることができます。

 

 

明るくしたい人

 

白髪染めシャンプーは明るく染めるものではありません。淡く色が入ることでブラックでもグレーに染まります。黒髪とはよくなじみますが、もともと明るい髪には「赤みを抑えたアッシュ系のグレイッシュな色」に染まります。

 

 

素手でも安心「美容師パパの白髪染めシャンプー法」

 

白髪染めシャンプーでも爪の間なんかは色が染まりやすいですよね。
かと言ってシャンプーするたびに手袋していたら

 

 

利尻シャンプー染めた手

 

 

 

「せっかく楽ちんに染まるから使っているのに面倒臭い」

 

 

そこで編み出しました!

 

美容師パパかっこつけ

美容師パパの手が染まらない白髪染めシャンプー法

(シャンプーよりも染まりやすい白髪染めトリートメントで試してみました!)

 

 

白髪染めトリートメントの手が汚れない方法

 

 

濡らした手から始めること

白髪染めトリートメントの手が汚れない方法

 

指と爪の溝にトリートメント(リンス・コンディショナー)を先に塗る

白髪染めトリートメントの手が汚れない方法

 

なるべく早く塗り終える(手に触れる時間を最短にする)

白髪染めトリートメントの手が汚れない方法

 

塗り終わったら手だけは先に石鹸で洗う

白髪染めトリートメントの手が汚れない方法

 

 

白髪染めトリートメントの手が汚れない方法

 

 

 

素手についた色を落とすメカニズム

かんたんな化学的メカニズム

白髪染めトリートメントはプラスのイオンがくっつきます。
手が染まった場合は石鹸やシャンプーのマイナスのイオンがくっつくことで取れやすくなります。

 

白髪染めシャンプーの成分解析

 

今は全ての成分を表示することが義務付けられています。
白髪染めシャンプーに含まれている成分の解析をしていきます。(美容師っぽいですね、珍しく)

 

 

白髪染めシャンプーの髪を洗う成分(界面活性剤)について

 

美容師パパの解説

 

ラウラミドDEA

高価なシャンプーに配合せれる洗浄剤 泡立ちと増粘性アップします。

 

ラウレス-4酢酸Na

お酢を使って作られた洗浄剤 で低刺激です。弱酸性で泡立ちます。

 

コカミドプロピルベタイン・ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン

ベビーシャンプーにも使われる安全性の高い洗浄剤です。

 

ココイルグルタミン酸TEA

弱酸性アミノ酸系洗浄剤 育毛効果もあり 高価な洗浄剤です。

 

ラウロイルメチルアラニンNa

弱酸性のアミノ酸系洗浄剤 ふんわりとボリュームアップする高価な洗浄剤です。

 

 

白髪染めシャンプーのその他の成分

 

利尻昆布エキス

皮膚を保護してくれます。昆布の作用で髪が黒くなるのは誤解です。

 

オクラ果実エキス

乾燥肌による老化防止効果

 

ユズ果実エキス

保湿成分

 

カキタンニン

 

加齢臭抑える効果

 

ムラサキ根エキス

紫外線防止効果

 

ウコン根茎エキス

 

抗酸化作用 抗炎症作用

 

ローヤルゼリーエキス

コラーゲン、エラスチン生成作用 
女性ホルモンと似た働きで育毛効果もあります。

 

ジラウロイルグルタミン酸リシン(ペリセア)

美容院でもトリートメントに配合される新しい成分です。浸透補修しながら保湿効果もあります。

 

アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキス

 育毛 フケに効果

 

アルテアエキス

保湿成分

 

フユボダイジュ花エキス

ベタつき抑える 育毛効果

 

 

 

全成分表示をみてみると。。。

 

 

 

美容師パパかっこつけ

水,ラウラミドDEA,コカミドプロピルベタイン,ラウレス-4カルボン酸Na,イソペンチルジオール,ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン,ポリクオタニウム-10,ココイルアラニンTEA,ココイルグルタミン酸TEA,ラウロイルメチルアラニンNa,ジラウロイルグルタミン酸リシンNa,BG,PEG-32,PPG-3 カプリリルエーテル,リシリコンブエキス,アルギニン,アルギン酸Na,アルテア根エキス,アルニカ花エキス ,エタノール,オオウメガサソウ葉エキス,オクラ果実エキス,オタネニンジン根エキス,オドリコソウ花エキス,オランダガラシ葉エキス,カミツレ花エキス,カワラヨモギ花エキス,クエン酸,グリチルリチン酸2K,ゲンチアナ根エキス,ゴボウ根エキス,加水分解シルク,セイヨウアカマツ球果エキス,セイヨウキズタ葉/茎エキス,センブリエキス,ニンニクエキス,ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム,フェノキシエタノール,フユボダイジュ花エキス,プラセンタエキス,ボタンエキス,ポリクオタニウム-53,ポリクオタニウム-6,ポリクオタニウム-7,マロン酸ビスエチルヘキシルヒドロキシジメトキシベンジル,ユズ果実エキス,ローズマリー葉エキス,ローマカミツレ花エキス,ローヤルゼリーエキス,塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン,加水分解ケラチン(羊毛),加水分解コンキオリン,カキタンニン,乳酸Na,カプリル酸グリセリル,ウンデシレン酸グリセリル,ムラサキ根エキス,ウコン根茎エキス,クチナシ青,水溶性アナトー,HC黄4,4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール,HC青2,塩基性青99,塩基性茶16,塩基性赤76,塩基性黄57

 

 

成分みてもピンときませんよね。。。

 

 

 

美容師パパからみた成分解析のポイントをまとめます

 

美容師パパ笑顔

白髪染めをしている髪に適した洗浄効果
シリコン、パラベン(防腐剤)は使っていません
洗顔クリームにも使われる安全性の高い洗浄剤で構成
育毛効果もありふんわり、さっぱりの仕上がり感
配合エキスの種類が美容院専売シャンプーの2倍以上
内容成分からはシャンプーとしてだけで考えても納得できる金額

 

 

美容師パパの「良いシャンプー悪いシャンプーの見極め方」

 

美容師パパの解説

白髪染めシャンプーは2つの成分に注意

ラウリル硫酸」不使用って何?

ラウリル硫酸シャンプー

 

ラウリル硫酸ナトリウムは食器洗剤にも使われている洗浄力の強い洗浄剤です。
最近は「ラウリル硫酸」不使用なんてテレビのコマーシャルでも盛んに言われています。

 

 

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」も強い洗浄剤

オレフィンスルホン酸シャンプー

世間が知らないのをいいことにstrong>ラウリル硫酸ナトリウム不使用といいながらオレフィン(C14-16)スルホン酸Naを使っていたら同じです。
市販の商品にはそういった詐欺まがいの商品がまかり通っています。

 

 

強い洗浄剤 がはいっていたら悪いシャンプーなのか?

 

 

 

  • ラウリル硫酸ナトリウム・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

 

アミノ酸系シャンプーに少量混ぜることによって 足りない泡立ち洗浄力をアップさせます。補助としてでなくメインの洗浄剤として使うのが悪いんです。

 

メインの洗浄剤とした場合、髪がバサバサになりごわついてしまいます。
それを隠すように大量のシリコンで誤魔化しているシャンプーが多くなったため、ノンシリコンシャンプーが流行しているのです。

 

 

「シリコン」についてもっとわかりやすく!

 

美容師パパのシャンプーコラム「シリコン」編

 

 

白髪染めシャンプーを選ぶ時に裏面は必ずチェックです!

 

 


 

白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメント迷ったときの選び方

 

LINE相談でも「白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントはどっちが自分に合っているのか」とご相談を受ける事も多いです。

 

こちらを全部読み終えたら、自分にあった白髪染めがシャンプーかトリートメントか選べると思います!

 

 

美容師パパ

  1. 髪の明るさイメージで選ぶ
  2. 染める回数で選ぶ
  3. 手軽さで選ぶ
  4. 白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントの色の違いを比較して選ぶ

 

 

 

白髪染めシャンプーは「髪の明るさイメージで選ぶ」

 

 

 

パッと見たイメージで判断してみて下さい

 

 

 

 

 

 

「ブラックのイメージ」

 

イメージ画像

 

 

 

つぎは

 

 

 

「ダークブラウンのイメージ」

 

イメージ画像

 

 

 

 

 

 

どうでしたか?

 

 

 

これよりも暗いイメージにしたいと思ったら。。。

 

まずは白髪染めトリートメントを使ってみましょう!

 


 

 

 

 

白髪染めシャンプーは「染める回数で選ぶ」

 

 

  • ゆっくりと自然に染めたい人には「白髪染めシャンプー

 

美容師パパ本人がお風呂で白髪染めシャンプー体験中

 

  • 毎日のシャンプーとして使用しているうちに自然に染まります。
  • 時間を置くよりも回数が必要になるので、すぐに染めたい人には向いていません。
  • 白髪染めシャンプーはセロファンをイメージしてください

 

 

セロファン

 

白髪染めシャンプーは「回数」が必要です

 

セロファン紙のように何枚も重ねていくと色がだんだんと濃く見えてきますよね。

 

はがれる時も1枚1枚取れていくイメージです。毎日使えば色持ちも良くなるのはこんな感じに想像してもらえるとわかりやすいです。

 

 

 

  • 3回でしっかり染めたい人には「白髪染めトリートメント

 

美容師パパがお風呂で白髪染めトリートメント体験中

 

  • 普段使用しているシャンプーの後に水気をとってから使用します。
  • 回数と放置する時間が必要です。
  • 普通の白髪染めと同様に30分置くことでしっかり染まります。

 

白髪染めトリートメントには「回数」は必要ないの?

 

回数を重ねるごとに色持ちも良くなるのでおすすめしたいのですが(白髪のリタッチには3回推奨1回染めるだけで「白髪染めシャンプー」の10回以上の色に染まります。

 

「白髪染めシャンプー」より白髪染めしている実感があるので毎日染めるのは面倒です。
気になる見えるところは毎日染めても大丈夫ですが全体は月に1度でも充分効果があります。

 

 

 

白髪染めシャンプーは「手軽さで選ぶ」

 

 

  • 「白髪染めシャンプー」にかかる時間は?

 

シャンプーするだけで終了

 


 

 

  • 「白髪染めトリートメント」にかかる時間は?

 

全部終わるまでに30分はかかります。

(だんだん早く染まる白髪染めトリートメントも開発されています)

 


 

 

 

 

白髪染めシャンプー10回染めたビフォー・アフター比較

 

美容師パパ本人が白髪染めシャンプーを10回染めたビフォーアフター

(わかりづらい写真ですみません。。。)

チラホラある白髪でもなじんで見えやすくなります

 

ブラウン、ダークブラウンに比べてブラックは赤みが入っていないことが多いために黒髪となじみやすくなります。
(厳密に言うと染めていない黒髪とは赤みを感じない分、同系色に感じるため実際は白髪のほうが明るくてもなじんで感じやすくなるんです。)

 

 

 

うっすら馴染む」なら白髪染めシャンプー

 

シャンプーだけで手袋や放置時間がいらないのは断然「白髪染めシャンプー」です。
しっかり染めたいときは10回は連続で使うことをオススメします。(連続で使うと言っても毎日シャンプーするだけです)

 


 

 

 

 

 

「白髪染めシャンプー」と「白髪染めトリートメント」の色の違いを比較して選ぶ

 

 

 

  • 白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメントの同じ色で比較

 

 

白髪染めシャンプーとトリートメントのダークブラウンの比較

上 トリートメント ダークブラウン 1回

下 シャンプー ダークブラウン 10回

 

 

  • 同じダークブラウンでもトリートメントの方は黒っぽく見えますね。
  • これぐらい染まっているとトリートメントのダークブラウンでも黒髪となじみがいいです。

 

 

白髪染めシャンプーとトリートメントのブラックの比較

上 トリートメント ブラック 1回

下 シャンプー ブラック 10回

 

 

 

  • ブラックはどちらも同じぐらいに写真では見えますが、肉眼だとトリートメントのほうが暗めです。
  • 色味はほとんど同じだからシャンプーとトリートメントの併用がしやすいですね。

 

 

  • 白髪染めトリートメントの色違いで比較

 

 

白髪染めトリートメントのダークブラウンとブラックの比較

上 トリートメント ダークブラウン 1回

下 トリートメント ブラック 1回

 

 

  • 同じトリートメントで比べるとダークブラウンは赤みを感じますね。
  • 自然な明るさならトリートメントのダークブラウンがおすすめです。

 

 

 

  • 白髪染めシャンプーの色違いで比較

 

 

白髪染めシャンプートリートメントの比較

上 シャンプー ダークブラウン 10回

下 シャンプー ブラック 10回

 

 

 

  • シャンプーはダークブラウンでもかなり明るいので思ってるよりも暗めを使ったほうが失敗しにくいと思います。
  • シャンプーの比較は明るいとブラックとダークブラウンの色味の差がはっきり現れます。

 

 

今回染めて比較した「白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメント」

 

  • 利尻ヘアカラーシャンプー

 

 

 

シャンプー

 

 

美容師パパ

カラーシャンプーでは白髪は染まらないと、美容師パパは思っていましたが。。。

 

5回目ぐらいで染まってきた実感がでてきます。

 

10回染めるまではあきらめずに使ってみてください!

 

お風呂でシャンプーするだけで色がつくので楽ちんですね。

 

シャンプーだけでハリ・コシがでて、美容師パパのロングヘアでもぺたんこになりづらかったです。

 

 

美容院でパーマをかけた時も問題ありませんでした!

 

 

美容師パパのおすすめは!

 

  • チラホラ白髪の人に「ブラック
  • 明るい髪の人には「ダークブラウン

 

 

 

 

利尻カラーシャンプー公式ページで色の確認

 

 

 


 

 

 

 

  • 利尻ヘアカラートリートメント

 

 

白髪染めトリートメント

 

美容師パパ

 

市販の白髪染めトリートメントは染まらないと思っていた美容師パパ。。。実際に使ってみて考え方がかわりました!

 

3回使って納得です。

 

香りは無香料で何となくオーガニックな香り。

 

内容成分には名前の通り本当に「利尻昆布エキス」がはいっています。(そのニオイかな?)

 

美容師パパのロングヘアでもハリ・コシがでたのはうれしいです!指通りも満足。

 

こまめに気になるときだけ染めてもいいし、毎日染めても痛まない白髪染めができます。
美容師パパが利尻を使っているお客さんにパーマをかけた事が、自分でも使い始めたきっかけなんです)

 

 

ツヤ・ハリ・コシ・コスパも総合して考えると、1番安定しています。

 

ただ唯一気になるといえば

 

 

 

古いイメージと古風なネーミング。。。

 

 

 

商品はバッチリです!!!

 

 

 

美容師パパのおすすめは!

 

  • 根元のリタッチなら「ダークブラウン
  • 毛先のキラキラに「ライトブラウン
  • 赤くなっちゃうなら「ナチュラルブラウン

 

 

利尻トリートメント公式ページで色の確認

 

 


 

 

まとめと 美容師パパの白髪シャンプー

 

白髪染めトリートメントは種類も豊富にありますが、白髪染めシャンプーはほとんど染まらないものが多いです。
(白髪染めシャンプーの種類が増えれば考えますが、現状は利尻のシャンプーで間違いないと思います。というよりもまともな白髪染めシャンプーがそもそも売っていません。。。)

 

 

 

チラホラ白髪で全体を明るいイメージにしたくないから

白髪染めシャンプーのブラックを毎日使って1ヶ月に1回白髪染めトリートメントのブラック使っています。

 

すべて使うと色持ちも長くなるから

いい感じでツヤもでます。(髪が長いので、男ですがツヤは欲しいんです。)

 

 

 

 

 

美容師パパから迷った時のアドバイス

 

 

白髪染めシャンプーなら心配しないで

気軽に試しても大丈夫

 

 

明るく見せたいなら

 

ブラウン系

 

赤みが嫌なら

 

ブラック

 

迷ったら暗めの色から選んでみると上手くいくはず!

 


 

 

 

 

 

「白髪染めシャンプーの色を選ぶのが不安」なときは

 

 

LINEをよく理解していないアナログ派の

美容師パパ(プロのカラーリスト)が色選びのアドバイスをします

 

 

24時間365日いつでも受付中です。

 

 

 

自分に似合う色がわからない

 

選んだ色で染まるかどうか不安

 

買った後に染まらず後悔したくない

 

今使っている白髪染めトリートメントが染まらない

 

イマイチやり方がわからない

 

何色を選べばいいか不安

 

 

LINEで質問・相談する方法

 

 

1.スマホの方は↓をクリックして下さい

 

友だち追加数

 

パソコンの方はQRコードをスマホで読み取るか「 @upi8053o 」で検索して下さい

 

 

 

2.LINEが起動します(起動に15秒程度かかる場合があります)

 

ラインイメージ

 

3.「友だちを追加」から「美容師パパ」を友だちに追加して下さい

 

ラインイメージ

 

 

4.トーク画面からお気軽にご質問&ご相談下さい

 

ラインイメージ

 

 

 

美容師パパ

ブログに載りたくないときはご連絡もらえば2人だけの内緒です

美容師パパは毎日現役の美容師としてハサミを持っています。
勝手ながら返信が遅くなることがあるかも知れません。

 

必ず返信します

 

お待ちになる方 ごめんなさい 少しだけおまちを!
(LINEに慣れたらだんだん早くなると思っていますが、自分でやっておきながら本当は仕組みがよくわかっていません!なのでお気楽に。)

 

関連ページ

美容師パパの「ヘアカラートリートメント使い方講座」
白髪染めトリートメントは染まらないって時はしっかり染めるポイントがずれているかも!実際に自分で体験した美容師が、白髪染めトリートメントをしっかり染めるポイント教えます。コツを掴めば、お風呂場で根本のリタッチがハケを使わずできますよ。素手で塗る人も参考にして下さい。
美容師パパの「ヘアカラートリートメントとヘアマニキュアっておなじ??」
美容師パパが本気で解説!ヘアカラートリートメントってテレビで(マニキュアタイプ)なんて聞くので、みんな誤解しています!!!色の染まりはよく似ていますが「染まる作用は正反対」なのでいっしょに使ったらダメなんです。。。
美容師パパの「美容院と併用するためのヘアカラートリートメントの注意点」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「美容院に行くまでのつなぎとしてヘアカラートリートメントを使うときの注意点」をまとめました。美容院と併用する場合次回染める時に変にならないか心配ですよね。ヘアカラートリートメントを併用すると緑に染まるウワサから、これさえ知っておけば安心のプロの注意点をまとめました。美容院と自宅でどちらも染める参考になればうれしいです。
「乾いた髪に塗るヘアカラートリートメント」とは
ヘアカラーの専門家美容師パパが「乾いた髪に塗るヘアカラートリートメント」を体験してメリット・デメリットをまとめました。濡れた髪に使うヘアカラートリートメントとは使う順番や注意点が違います。確認して自分にあった使い方ができるヘアカラートリートメントを選んで下さい。
「濡れた髪に塗るヘアカラートリートメント」とは
ヘアカラーの専門家美容師パパが濡れた髪に塗るヘアカラートリートメントを体験してメリット・デメリットをまとめました。乾いた髪に使うヘアカラートリートメントとは使う順番や注意点が違います。確認して自分にあった使い方ができるヘアカラートリートメントを選んで下さい。
美容師パパの「ヘアカラートリートメントは乾いた髪・濡れた髪どっちで使う?」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「ヘアカラートリートメントは乾いた髪・濡れた髪どっちで使う?」のか一番染まる使い方を考えました。メーカーごとにおすすめする塗り方は違いますが、この方法ならどんなタイプのヘアカラートリートメントでも染まります。染まりが悪い人はぜひ参考にして下さい。
美容師パパの「白髪染めトリートメントを地肌につけてもよい理由」
白髪染めって地肌につけていいのかな?って少し不安に思いますよね。シャンプー後のトリートメントは地肌にはつけないほうがいいのですが、白髪染めトリートメントは違います。根本のリタッチには地肌にしっかりと、毛先の色落ちにはリンス感覚で軽く使用してみて下さい。
美容師パパ流「ヘアカラートリートメントの素手でも汚れない使い方」
ヘアカラーの専門家美容師パパが、実際にヘアカラートリートメントを素手で染めた「手を比較」しました。素手でも染まりづらいヘアカラートリートメント選びの参考にして下さい。できるだけ素手でも染まりづらい方法も紹介します。