白髪染めシャンプー体験 ブラック編

まずは白髪に染めて発色と明るさ、鮮やかさを確認します。
これは人間の白髪を束にしたものです。ヤギやヤクの毛で染めて色を見ることもあります。
利尻ヘアカラーシャンプーブラック毛
シャンプーなのでお湯でもみこみながら
利尻ヘアカラーシャンプーブラック毛
10分放置します。

 

ヤク

放置中にヤクを調べてみました。やぎより大きいですよね。
染める毛束も人間の毛よりクセが広がる感じなんです。ボリュームがあるといったらいいのかな。

 

 

 

 

 

利尻ヘアカラーシャンプーブラック毛

1回染めただけでも比較してみると随分染まって見えます。

 

 

利尻ヘアカラーシャンプーブラック毛

市販の白髪染めよりも見とうりの色、明るさに染まるのはわかりやすいですね。

ブラック5回染めてみました

白髪染めシャンプービフォーアフター

後ろから見てもあまり違いがわかりませんね。

 

白髪染めシャンプービフォーアフター

 

サイドから見るとダークブラウンより白髪が黒髪となじんでいます。

 

白髪染めシャンプービフォーアフター

ツムジの表面の毛がやっぱりダークブラウンよりもなじみます。

ブラック10回染めました

白髪染めシャンプービフォーアフター

後ろから見ための変化はすくないですが

 

白髪染めシャンプービフォーアフター

中の白髪がダークブラウンより黒髪となじみましたね。

 

 

白髪染めシャンプービフォーアフター

 

表面もダークブラウンより白髪が目立ちにくくなりました。

 

 

白髪染めシャンプービフォーアフター

まばらにあったチラホラ白髪がわからなくなりました。

 

 

白髪染めシャンプーブラック比較

 

ブラック5回と10回の比較です。黒髪にはブラックのほうがいいですね。自分でもしっくりきます。

 

 

こんな人は使っちゃだめです

 

美容師パパびっくり

チェック

 

しっかりと暗めに染めたい人
白髪染めシャンプーだけで暗く染めることはできません。
繰り返すことでじんわりと色が入ることで色落ちを防いで自然にみせることができます。

チェック

 

明るくしたい人
白髪染めシャンプーは明るく染めるものではありません。
 淡く色が入ることでブラックでも明るいグレーに染まります。
黒髪とはよくなじみますが明るくなった髪にはアッシュ系として色がはいります。

 

今回使用した白髪染めシャンプー「利尻ヘアカラーシャンプー」

 

 

 

シャンプー

ボタン

 

 

美容師パパ

5回目ぐらいで染まってきた実感がでてきます。
10回染めるまではあきらめずに使ってみてください!
お風呂でシャンプーするだけで色がつくので楽ちんですね。
お風呂場の流しだけはしっかりとする必要はあります。

 

ハリ・コシがでてぺたんこになりづらかったです。
美容院でパーマをかける時も問題ありません!

 

チラホラ白髪の人にブラックはおすすめですよ。

 

 

 


 

美容師パパの「利尻ヘアカラーシャンプー」の口コミ体験レビューページへ

 

 


 

染める前の美容師パパの髪の状態

 

美容師パパロゴ

美容師パパのプロフィール

全体に40%ぐらいのチラホラ白髪です。

 

長さは肩下のロングヘアでくせ毛です

 

表面より中の白髪が多いです

 

髪の痛みは毛先5センチほどは縮毛矯正が残り少しダメージがあります

 

左はドライヤーで乾かしただけです。右はスタイリング(ストレートアイロン使用)しています。

 

白髪のモデル

 

 

白髪のモデルのツムジ

 

白髪のモデル内側の白髪

 

 

白髪染めシャンプー

 

ダークブラウン編

 

白髪染め比較


ブラック編

 

白髪染め比較



色持ち編

 

白髪染め比較

お風呂編

 

白髪染め比較



成分解析編

 

白髪染め成分


シャンプートリートメント比較編

 

白髪染めシャンプートリートメント比較ボタン


 

関連ページ

お風呂編
美容師パパが自宅のお風呂で白髪染めシャンプーを実際に体験レポートしました。美容師が自分で染めて良し悪しを判断しています。敏感肌、ジアミンアレルギーの方も参考にしてください。
ダークブラウン編
美容師パパが自宅のお風呂で白髪染めシャンプー(ダークブラウン)を実際に体験レポートしました。美容師が実際に自宅で自分で染めてみます。白髪の毛束にも染めてみて、何回染める状態の色がベストなのか調べてみました。 シャンプー自体の使用感、成分も美容師の目線です。自分にピッタリの1本を選ぶ参考にして下さい。
成分解析編
美容師が体験した白髪染めシャンプーの成分を解析します。シャンプーしながら白髪が染まる効果だけで、実際のシャンプーの成分が悪ければ毎日使用することはできません。シャンプーとしてのみの良し悪しを判断しています。自分にピッタリの1本を選ぶ参考にして下さい。
色持ち編
美容師パパが毛束を染めて白髪染めシャンプーは実際に何回目からがベストな状態なのか、回数ごとに色の確認をして一番良い使い方を調べてみました。どれぐらい染まるか不安な人は参考にして下さい。