白髪染めトリートメントは素手では染まると考えて下さい

 

各メーカーごとに実際に素手で染めて比較してみます。
「素手で塗っても大丈夫!」なんていう商品も基本的には手が染まると考えたほうがいいと思います。。。

 

 

美容師パパ目次

 

  1. メーカー別素手で塗った場合の染まり具合の違い
  2.  

  3. 転載厳禁!手が汚れない白髪染めトリートメントの使い方
  4.  

  5. まとめと手袋

 

メーカー別素手で塗った場合の染まり具合の違い

  • 全色ダークブラウン・放置時間30分で統一しています
  • クリックで画像が大きくなります
  • 通常の塗り方で塗っています

 

利尻ヘアカラーシャンプーを素手で染めました

 

利尻トリートメント染めた手

 

利尻ヘアカラートリートメントを素手で染めました

利尻ヘアカラートリートメントで染めた手

 

ラサーナを素手で染めました

 

ラサーナ体験

 

レフィーネを素手で染めました

 

レフィーネ体験

 

ルプルプを素手で染めました

 

ルプルプ体験

 

髪萌ヘアカラートリートメントを素手で染めました

 

髪萌ヘアカラートリートメント体験

 

 

POLAカラートリートメントを素手で染めました

 

ポーラグローイングショットカラートリートメントを素手でそめた手

 

 

転載厳禁!手が汚れない白髪染めトリートメントの使い方

 

美容師パパかっこつけ

美容師パパの手が染まらない白髪染めトリートメント法

 

 

この状態からスタートです

(クリックで大きくなります)

 

白髪染めトリートメントの手が汚れない方法

 

濡らした手から始めること

白髪染めトリートメントの手が汚れない方法

指と爪の溝にトリートメント(リンス・コンディショナー)を先に塗る

白髪染めトリートメントの手が汚れない方法

 

なるべく早く塗り終える(手に触れる時間を最短にする)

白髪染めトリートメントの手が汚れない方法

 

塗り終わったら手だけは先に石鹸で洗う

白髪染めトリートメントの手が汚れない方法

 

 

白髪染めトリートメントの手が汚れない方法

 

 

手が染まりやすいPOLAグローイングショットBKを使用してますが、ココまで防げます!!)

 

 

素手についた色を落とすメカニズム

簡単なメカニズム

化学的には白髪染めトリートメントはプラスのイオンがくっつきます。
手が染まった場合は石鹸やシャンプーのマイナスのイオンがくっつくことで取れやすくなります。

 

まとめと手袋

  • 実際に比較してみてわかったことは

 

色素の濃さ(明度と彩度)の違いが直接の手の染まりの違いになっているということ。(利尻・レフィーネが若干暗め・利尻シャンプーが薄め

 

同じ「ダークブラウン」でも明るさ・色味はメーカーで違います

 


  • 白髪染めトリートメントを素手で染めた時

手が染まりやすい・染まりにくいはメーカー毎の違いではありません(あそこのメーカーは手が染まる!ってことではないんです)

 

  • つまり

暗めの色ほど手に色が残りやすくなります

 

 

美容師パパかっこつけ

手が染まらない白髪染めトリートメント法

 

 

試してみて下さい

 

プロ専用の手袋もお試しに

 

 


「美容師専用おすすめ手袋ランキング」

 

 

 

関連ページ

美容師パパの「ヘアカラートリートメント使い方講座」
白髪染めトリートメントは染まらないって時はしっかり染めるポイントがずれているかも!実際に自分で体験した美容師が、白髪染めトリートメントをしっかり染めるポイント教えます。コツを掴めば、お風呂場で根本のリタッチがハケを使わずできますよ。素手で塗る人も参考にして下さい。
美容師パパの「白髪染めシャンプー講座」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「白髪染めシャンプー講座」です。実際に美容師が「明るさ」「手軽さ」「回数の比較」「色の比較」をして白髪染めシャンプーの失敗しない選び方を紹介します。実際にお風呂で体験して手が染まらない方法も紹介します。白髪染めトリートメントと白髪染めシャンプーで迷っている人も参考にして下さい。
美容師パパの「美容院と併用するためのヘアカラートリートメントの注意点」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「美容院に行くまでのつなぎとしてヘアカラートリートメントを使うときの注意点」をまとめました。美容院と併用する場合次回染める時に変にならないか心配ですよね。ヘアカラートリートメントを併用すると緑に染まるウワサから、これさえ知っておけば安心のプロの注意点をまとめました。美容院と自宅でどちらも染める参考になればうれしいです。
「乾いた髪に塗るヘアカラートリートメント」とは
ヘアカラーの専門家美容師パパが「乾いた髪に塗るヘアカラートリートメント」を体験してメリット・デメリットをまとめました。濡れた髪に使うヘアカラートリートメントとは使う順番や注意点が違います。確認して自分にあった使い方ができるヘアカラートリートメントを選んで下さい。
「濡れた髪に塗るヘアカラートリートメント」とは
ヘアカラーの専門家美容師パパが濡れた髪に塗るヘアカラートリートメントを体験してメリット・デメリットをまとめました。乾いた髪に使うヘアカラートリートメントとは使う順番や注意点が違います。確認して自分にあった使い方ができるヘアカラートリートメントを選んで下さい。
美容師パパの「ヘアカラートリートメントは乾いた髪・濡れた髪どっちで使う?」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「ヘアカラートリートメントは乾いた髪・濡れた髪どっちで使う?」のか一番染まる使い方を考えました。メーカーごとにおすすめする塗り方は違いますが、この方法ならどんなタイプのヘアカラートリートメントでも染まります。染まりが悪い人はぜひ参考にして下さい。
「地肌につけてもよい理由」
白髪染めトリートメントって地肌につけていいのか?少し不安に思いますよね。シャンプー後のトリートメントは地肌にはつけないほうがいいのですが、白髪染めトリートメントは違います。根本のリタッチには地肌にしっかりと、毛先の色落ちにはリンス感覚で軽く使用してみて下さい。
マニキュアと比較した効果の違い
白髪染めトリートメントは「痛まないからトリートメントと呼ぶ」訳ではありません。美容師が体験してわかった白髪染めトリートメントの効果をヘアマニキュアとの違いで簡単に説明します。シャンプー後のリンス・コンディショナー・トリートメント効果もあるんです。