白髪染めシャンプー体験 お風呂編

美容師パパ

では実際に染めてみます。今回はシャンプーとトリートメントの比較のため利尻ヘアカラーシャンプーを使います。

 

白髪染めシャンプー

 

 

白髪染めシャンプーの色
黒いです。使用量は長さで違うと思いますが、少しずつ足していけば大丈夫です。
においは無臭 何となくオーガニックなにおいがします。

 

頭皮もみブラシ
せっかくなので、頭皮もみブラシを使ってみます。(利尻の初回購入でおまけに付いてました)美容師でも自分の頭を自分で洗うのは疲れます。どんな手の大きさでも使える柔らかさです。

頭皮もみブラシで頭を洗う人

モミモミしてるうちにとても泡立ちます。シャンプー自体の泡立ちがかなりいいです。

 

頭皮もみブラシで頭を洗う人

ロングヘアの人はわかってもらえると思いますがこの辺りが洗いづらい、指だと頭皮までとどきにくいのでブラシだと気持ちいいです。
髪を結んでいると特にこの辺りはムレやすくかゆくなりがちなので、これはいいです。

頭皮もみブラシで頭を洗う人

クルッとまとめて体を洗います。2プッシュも使っていないぐらいですが泡も柔らかく、たれにくかったのでそのまま体を洗います。

 

 

白髪染めシャンプーの泡
泡の色はこんな感じです。 泡でお風呂が汚れることはなさそうですよ。美容師パパの嫁はきびしいのです。
ただシャンプーの原液の飛び散りは注意です。浴槽はお湯で流しておきましょう。
色がでなくなるまで流します。

 

頭皮もみブラシとアンパンマンシャンプー
使い終わった頭皮もみブラシは、子どものアンパンマンシャンプーに引っ掛けるのにピッタリの大きさです。

 

白髪染めシャンプー後のタオル
流して色がでなければ、タオルにも色がつきませんでした。
特にいつものシャンプーと使い方に違いはないですね。

 

 

髪を乾かす人

すぐドライヤーで乾かして

 

白髪染めシャンプー後

美容師パパの美容師チェック

 

シャンプーの使用感は美容院専売のものと遜色ありません

シャンプー成分からも確認済みです。

 

泡立たせる事が重要です

全体が泡で包まれることで根本までむらなく発色します。

1回で泡立ちが弱い時は、一度軽く流すか、量を足して下さい。
少量では染まりが弱くなると思います。

 

シャンプーの後はハリ・コシがでます

 

ぺたんこになることもなくトップのふんわり感は損ないません。

シャンプーの成分で、クセも少し伸びて収まりやすくなります。

頭皮のニオイが気にならなくなった

シャンプーには加齢臭を抑える成分も入っています。

 

女性は爪に注意

特に皮膚と爪の間は色が沈着しやすい部分です。

気になる時は使い捨ての手袋を使ってみてください。美容院でもシャンプーする時に使っています。

 

今回使用した白髪染めシャンプー「利尻ヘアカラーシャンプー」

 

 

 

シャンプー

ボタン

 

 

美容師パパ

5回目ぐらいで染まってきた実感がでてきます。
10回染めるまではあきらめずに使ってみてください!
お風呂でシャンプーするだけで色がつくので楽ちんですね。
お風呂場の流しだけはしっかりとする必要はあります。

 

ハリ・コシがでてぺたんこになりづらかったです。
美容院でパーマをかける時も問題ありません!

 

チラホラ白髪の人にブラックはおすすめですよ。

 

 

 


 

美容師パパの「利尻ヘアカラーシャンプー」の口コミ体験レビューページへ

 

 


 

 

白髪染めシャンプー

 

ダークブラウン編

 

白髪染め比較


ブラック編

 

白髪染め比較



色持ち編

 

白髪染め比較

お風呂編

 

白髪染め比較



成分解析編

 

白髪染め成分


シャンプートリートメント比較編

 

白髪染めシャンプートリートメント比較ボタン


関連ページ

ダークブラウン編
美容師パパが自宅のお風呂で白髪染めシャンプー(ダークブラウン)を実際に体験レポートしました。美容師が実際に自宅で自分で染めてみます。白髪の毛束にも染めてみて、何回染める状態の色がベストなのか調べてみました。 シャンプー自体の使用感、成分も美容師の目線です。自分にピッタリの1本を選ぶ参考にして下さい。
ブラック編
美容師パパが自宅のお風呂で白髪染めシャンプー(ブラック)を実際に体験レポートしました。美容師が実際に自宅で自分で染めてみます。白髪の毛束にも染めてみて、何回染める状態の色がベストなのか調べてみました。 シャンプー自体の使用感、成分も美容師の目線でご紹介します。
成分解析編
美容師が体験した白髪染めシャンプーの成分を解析します。シャンプーしながら白髪が染まる効果だけで、実際のシャンプーの成分が悪ければ毎日使用することはできません。シャンプーとしてのみの良し悪しを判断しています。自分にピッタリの1本を選ぶ参考にして下さい。
色持ち編
美容師パパが毛束を染めて白髪染めシャンプーは実際に何回目からがベストな状態なのか、回数ごとに色の確認をして一番良い使い方を調べてみました。どれぐらい染まるか不安な人は参考にして下さい。